無料ブログはココログ

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

遂にゲット!

こんばんは

今日は風が涼しく最近では一番過ごし易かったですね。

愈々、「熊本珍道中パート2」の申し込みは今日で締め切りです。

(僕がricoを退出するまで)

現在、総勢8名。「U」の称号がまた増えるか?

昨日、念願のブツが届いた。

それは先日ヤフオクで落札した「ジョン・メイオール・ブルース・

ブレイカーズ・ウイズ・エリック・クラプトン」のMONO盤。

残念ながらUKオリジナル盤ではなく、それでもかなりレアな

US盤。以前、このアルバムは紙ジャケでリリースされステレオと

モノヴァージョンの2種類が収録されりマスターされていたが

その音の良さに驚愕したものだ。という訳で、ずーっとUKオリジナル・

モノ盤を探していて何度かヤフオクでも見かけ入札したがあと一歩の

処で逃してしまっていた。確かにUK盤がいいだろうがUSのモノ盤は

始めて見た。これはもう二度と出てこないのではないだろうか。

UK盤はこれからもチャンスがあるだろうし・・・・・・・・・・・・

手頃な価格で落札できたのでラッキーだった。

今度の休日はやっと聴く事が出来る。

クレームがこないようにヴォリュームをコントロールしないと。

2008年7月30日 (水)

佐藤昭子

こんにちは

ヤフーでニュースを読むことが多いが今日もまた刃物で

人を傷つける事件が発生した。ホント、この国は

「WHAT'S GOING ON」だ。こう書いている僕自身も

確かに対岸の火事のように感じているがそれでも駅のホームで

電車を待っている間周りの人に注意を払うようになったし、

帰宅する時間も遅いので以前よりも獣のように気配に

神経を研ぎ澄ますようになった。疲れる日本になってしまった。

いきなりタイトルに個人名「佐藤昭子」氏を見て驚いたでしょう。

この名前にすぐ反応した方は余程の政治家通かもしくは

故田中角栄好きかどちらかだろう。殆どの方には「誰?」という

疑問だけが頭の中を通過していくだろう。

彼女「佐藤昭子」氏は田中角栄の秘書を33年間の長きに

亘って勤めた方で世間一般的な認識は恐らく「越山会の女王」

「田中角栄の金庫番」としての形容詞が一般的なのかもしれない。

僕はどういうわけか故田中角栄が好きである。

彼について書かれた本も少しは読んだ。彼に仕えた書生が

書いた本(タイトルも著者名も忘れた、すんませんweep

あのロッキード事件に措ける田中角栄の弁護士が書いた本

歴史小説家 津本陽氏が書いた「将軍 田中角栄 上、下」

(タイトルは微妙に違っているかもしれない)元秘書の

早坂茂三氏の書いた田中角栄に関する本(2種類位?)等など

今、読み始めた本は側近中の側近「佐藤昭子」氏が自分の

日記を元に田中角栄像を浮彫にした「決定版 私の田中角栄日記」

でまだ読み始めたばかりであるが非常に面白い。

多分、巷では金権政治の権化のイメージがある?故田中角栄であるが

情報はニュース等のメディアの一方通行で判断しがちだが多方向

からの情報で判断を心がけないと誤ってしまう。当たり前のことだが。

故田中角栄を擁護するつもりはないが一時代を築いたこの英傑を

正当に評価すべきであろう。今更ではあるが・・・・・・・・・。

2008年7月29日 (火)

馬路村

こんにちは

昨日、月曜日は日曜日を営業させて頂いたので振替え休日でした。

1週間振りに近所の鮨屋「しゃり膳」にお邪魔した。

(何時ものように1番乗りをした、17時開店)

本日お奨めの品書きには佐賀産の新子が名を連ねており

そういう季節かと思わず窓越しに空を眺めた。

Nさんが先週の水曜日にすし処「くろ田」で新子旨かったと

言っていたので、もしかしたら「しゃり膳」のタネケースに並んで

いるのではと思っていたところだった。

早速、Sさんに新子をお願いする。身が小さいので3枚乗せとなる。

この大きさだと仕込みも大変だろうな、Sさんお疲れ様。

いつものネタを握って貰いSさんも調子に乗って「この1列

大丈夫ですよ、食べて貰って」と僕を煽る。其処まで言われたら

食べずにはいかないでしょ、食べましたよ。新子5巻も。

という事は15匹か!我ながらよく食べた。新子は柔らかく

溶ける様に旨い。魚の臭みも非常に薄く正に今が旬。

来週の月曜日もお邪魔する予定だが新子、まだ大丈夫だよね、

Sさん。

今日、Kさんが態々高知県馬路村産のゆず・ハチミツジュースを

届けてくれた。ネットで探したがいくら探しても出てくるのは

「ごっくん馬路村」ばかりで肝心な「ゆずの村」がヒットしない。

で、Kさんにその事を伝えたら現物とパンフレット(注文先が

書いてある)を持ってきてくれたのであった。

馬路村産のゆず・はちみつジュースにはどうやら3種類あるようで

「スポーツ飲料スーパーごっくん」「ごっくん馬路村」「ゆずの村」が

その3種類だ。3種類の中で1番濃いのが「ゆずの村」だそうで、

それでもゆず10%の濃さ。ほんとさっぱりほのかに甘いので

甲類焼酎をこのゆず・ハチミツジュースで割ると暑い日には

とても美味しく何杯でも行けてしまう。危険だ。

馬路村はこの「ゆず」で村興しに成功した高知県に在る

人口1100人の小さな村だ。」村興しからもう20年も経っているそうだ。

ゆず加工品の年間売り上げは30億円、村予算の2倍。

だから馬路村は元気なのだ。今の時代に合っている無農薬、

無着色、無添加そして美味しい。この4つの要素が揃えば

当然天下無敵だよね。

このサクセスストーリーにもよくありがちな始めた当初の苦労は

当然あったようで、転機は1988年に訪れた。

「日本の村101村展」で「ぽん酢しょうゆ」が最優秀となり、

ゆずドリンクも併せてヒットした。

通販顧客も現在は35万人にのぼり、ゆず生産量もここ10年で

1.5倍になったそうだ。その他にも色々なイベントを開催しているようなので

興味のある方は「馬路村」を検索してみて下さい。

2008年7月27日 (日)

Uが動けば事件が起こる?

こんにちは

天気予報通り今(16:42)雨が降っている、と言っても

この蒸し暑さが消えてしまう程の強い雨ではなく却って

蒸し暑さを増してしまうような役に立ちそうも無い降りかただ。

柏祭りは必ず雨にたたられる。

昨日はお祭りのせいか21時頃から団体さん(15人)が入って

頂いてから常連さんたちが次から次へと来店して下さり

結局嬉恥ずかし朝帰りパート2となった(プラザホテル泊)。

数々の称号を持つ「U」が昨日は危うくもう一つ悪魔のような

称号を増やしてしまう処だった。今流行の「誰でもよかった!」

の柏ヴァージョンの正に張本人、容疑者、被疑者になる「U」を

僕が一歩手前で阻止する事に成功したのだった。

「U」の未遂事件は次のようにスタートした。

土曜日なので「U」のrico登場は何時もより早く16時頃

だったか。その時店内にはカウンターに男性のお客様が

一人静かに飲んでいただけで、静かなものだった。

相変わらず音も無く現れ僕もPCで遊んでいると

「あっ、Uちゃん」と口に出す前に彼は何を思ったか

カウンターで静かに飲んでいる人の後頭部を手刀で

殴ろうとしていた。彼も遂に「誰でもよかった」と供述してしまうのか、

と思ったが僕は彼にこういった形でマスコミにさらされる人に

なってほしくなかったので、咄嗟に無言で腕を交差させ

ダメ、止めろのサインを出すが何故か止めず執拗に

攻撃しようとする。僕はもうだめだと思い彼を羽交い絞めにし

やっと事なきを得た。よかった、未遂に終わった。

こうして「U」が平静を装って焼酎を楽しめる夜を無事、

提供する事が出来ほっと胸を撫で下ろした僕であった。

2008年7月26日 (土)

柏祭り

こんにちは

曇りのせいか涼しいですね。

今日と明日は柏祭りで柏駅周辺は沢山のイベントがあり

かなりの人出が予想される。

rico常連のAちゃんも飛び入りで盆踊りなどに参加するらしい。

踊りつかれたらricoに来て報告、宜しくね。

今、Nさんが寄ってくれてお土産にペットボトルに容れた

Nさんが手を加えた「N焼酎」を持ってきてくれた。

大分寝かせたせいか色度が焼酎の色度ではなくなっている。

この色度では税務署からOKは出ないはず(販売するのか!)

元の焼酎の香りは殆ど消え別の香りが強くなっていた。

味はこれでありな味。

残り僅かなので先着順にて嘗めさせてあげよう。

でも少量なので、無くなったらご容赦を

2008年7月25日 (金)

沢田教一 坂本龍馬

こんにちは

今頃(16:42)になって雲が出てきたせいか暑さも若干和らぐ。

(湿度は変わらず高いが)

明日から2日間は柏祭りが開催される。

ricoの前の通り(市役所通り)は歩行者天国ではないので

賑やかではない。ノンビリ、ダラダラと行く予定。

最近、柏の街も事件づいてるので「誰でもよかった」等と言う

テロリストが登場しなければよいが・・・・・・・・・・・。

司馬遼太郎著「竜馬が行く」はお気に入りの書だが

今回の「サライ」の特集で改めて龍馬の足跡を確認したが

彼が歴史の表舞台で活躍した期間は非常に短かったのだと

今頃になって認識するとは情けない。

28歳で土佐藩を脱藩して幕府の見回り組みの凶刃に倒れ

生涯を閉じた33歳までが傍から見ると躍動した5年間と思える。

僕と龍馬の共通点が一つある。それは10月28日という日付。

この日付は龍馬にとっては最悪な暗殺された日であり、

僕にとっては誕生日という目出度い?日である。

でも、この日はもう二つ悲劇の日を持っている。

それは、日本が始めてサッカー・ワールド・カップ

(何処の開催地だったけ)に出場出来るかもしれないと

国民の誰もが思っていた日。そう、「ドーハの悲劇」で

ロスタイムにゴールを決められ出場を逃した日でもある。

もしかしたら調べればもっと悲惨な事が判明するかもしれない。

ブルースの名曲に「BORN UNDER  BAD SIGHN」という曲があるが

正にこのタイトルどおりか!10月28日は。

もうすぐ読み終える「沢田教一 ベトナム写真集 泥まみれの死」

著者は沢田氏の妻 サタさんであるが、この勇気ある報道カメラマンも

ゲリラに狙撃され1970年10月28日に非業な死を遂げている。

沢田氏も享年34歳という若さだった。

よく言われることだが人生は長さではない。

如何に生きたかだ!と。

重くこのフレーズが鉛色の空模様のように垂れ込める。

2008年7月24日 (木)

フェルメールがやってくる!

こんにちは

佐藤の黒、白が完売し在庫が無い状態が暫く続いている、

と書き込んでいる時に宅配便が到着。

しょうがなくヤフオクで落札した「佐藤 白」が入荷した。

以前落札した時よりも1000円位相場が上がっている。

もう一つ荷物が届いた。

此方は正価で購入したので問題ないが、でもこの蔵は

値上げをしたので店頭価格に反映せざるを得なかった。

そうです、西酒造の「蒸撰 綾紫」です。それと、もう1本は

年1回仕込みの「宝山 黒麹仕込み」。どれもricoの常連さん達には

お馴染の定番焼酎です。珍しくもなんともない。

ricoの取引き酒店が西酒造や佐藤酒造を扱っていれば

苦労はないのだが・・・・・・・・・・・。

昨日、書店の雑誌コーナーをブラブラ冷やかしていると

「坂本龍馬を旅する」の文字が眼に入る。雑誌は中年親爺の為の

娯楽雑誌「サライ」である。思わず手に取りその龍馬特集を

ペラペラやり、購入する事に。

龍馬特集は満足の行く内容だったがもう一つ小さな特集があり

それも有難かった。その特集は表紙には全く載っていず

その小さな特集がお目当ての人も少なくとも2~3人はいるのでは

ないだろうか?その特集とは「フェルメール展」。

以前のブログで少し紹介させて頂いたと思うがオランダの画家で

1623年生まれ、作品数は少なく36点(諸説があり、贋作も存在する)

少し前にシャープ社の液晶TV「アクオス」のCMに吉永小百合氏と

競演?していた。そう「真珠の耳飾の少女」である。

(フェルメールの代表作とも言える作品)

今年の春に開催された展覧会では「牛乳を注ぐ女」が目玉

だった。ホント、フェルメールを筆頭にデルフト派(だったっけ?)

は凄い。構図とかも凄いのだろうが僕的には「質感の表現力」に

圧倒された。また、今夏にやってくる。

しかも長い期間。サライの特集によると東京都美術館にて

8月2日 ~12月14日迄。観覧料1600円。

日本初公開作品4点が展示されるとのこと。

これは必見ですぞ。見終わって疲れたら御徒町まで

軽く歩いて「絵馬亭」で佐藤 黒の前割りを温燗でやり

ゆっくりと疲れを癒したらいいだろう。

2008年7月23日 (水)

沢田教一

こんにちは

コーヒータイムは13時からなので準備のために

12時半位にシャッターを開けて店内に入るわけだが

これが堪らん!もあ~っと熱気が僕に襲い掛かる。

もうこれはテロだ!と不謹慎な言葉が頭を過ぎる。

そう言えば昨日の夜、八王子で凄惨な事件がまた

発生した。書店の女性スタッフが男に刺され死亡という

ホント可哀想と他人事で申し訳ないが・・・・・・・。

犯人は最近の常套句「誰でもよかった」だと。

ふざけんな!こんな奴に罪を償わせて更生させる余地など

全くありはしない。

外にいる時は自分の周りに不審者が近づいてくるかなど

余計な気を使わなければいけない、嫌な日本になって

しまったよな。

漸く「巣鴨プリズン13号鉄扉」を読み終えて、次に選んだのが

ピュりッツア賞を受賞した報道カメラマン「沢田教一ベトナム写真集

泥まみれの死」妻の沢田サタ氏著。殆どの人はカメラマンの名前は

知らなくても「安全への逃避」というタイトルの一枚の写真を見れば

ああ、見たことあると声を上げるに違いない。

なんか最近、読むものが戦争づいてるな。

歴史の中の真実は知りたいよね。

2008年7月22日 (火)

U伝説未だ健在

こんにちは

22日は暦の上で一番暑いとされる「大暑」というらしいが

この暑さはまだまだ記録を更新するだろう。誰もが

今日の気温がこの夏のピークとは思っていないはず。

困ったもんだ。

20日日曜日は営業させて頂いたが、コーヒータイム終了少し前の

16時半位に僕と0ちゃん、Uちゃんと3人で千駄木にある非常に

有名な酒屋「伊勢伍本店」に行ってきた。

収穫は店の場所が判っただけ、という最悪のパターン。

日曜日はやっているだろうとこっちの勝手な思い込みで

勢い込んで行ったが坂を上りきった突き当たりにある

その店は暗くひっそりと佇んでいた。我々3人を拒むように。

諦め切れずにドアのガラスに額を付け店内の様子を

窺うと間口は狭いが奥行きのある店内に棚があり

ぎっしりと焼酎が鎮座していた。店内は暗く銘柄までは

見えず、唯一目が合ったのは黒木本店の「喜六」であった。

(喜六の喜がPCでは出てこない。七が三つ重なった字)

やはり出かける前は忘れずに!営業日の確認をする事。

これは鉄則だよな。

さて、手ぶらで千代田線下りの電車に乗って柏に向かうが

車内はかなり混雑していて松戸を過ぎて漸くゆったり出来た。

これからどうしようか?という訳で僕もBAR TIMEがあるので

さくっと飲める「親爺」へ行くことに決める。

相変わらず混んでいる柏駅のコンコースを抜けエスカレータで

1階に下りる。0ちゃんは僕の側にいて一緒に「親爺」に

向かっていたが、「Uちゃん」の姿が消えた。

僕と0ちゃんの脳裏にはあの「熊本珍道中」の事件が

甦る。そう「Uちゃん失踪!」。

しょうがないので「親爺」で飲み始めていると暫くしてから

音も無く現れた。即0ちゃんの突っ込みが入ったが不可解

極まりない。一体彼「U」は何処に行っていたのか?

我々2人がビールをジョッキ半分も飲んでいた時間。

エイリアンに拠る人体実験をされてしまったのか?

今となっては闇の中。

流石「U」、彼が動くと必ず事件が起こる。

まだまだ「U」の称号は健在であることがこれで証明された。

9月の熊本珍道中2は「嫌な予感がする。」

有名な酒屋「伊勢伍本店」

2008年7月20日 (日)

オニヤンマ

こんにちは

出勤途中に「オニヤンマ」を見かけた。

毎年、1度は見かける夏の風物詩。

トンボの中でも巨体で体には阪神タイガースならぬ

黄色いストライプが貫禄をかもし出す。

「オニヤンマ」には必ず通り道?があって何度も同じ場所を

通るので比較的捕まえやすい。

今日はそごうの脇の階段を下りている時に中二階で発見。

今にも手の届きそうな処を飛んでいた。どうやら一休みしたい

ようでコンクリートに一生懸命しがみつこうとしている様子が

なんか悲しかった。頑張れ!オニヤンマ。

今日はこれから0ちゃんと一緒に千駄木の有名酒屋に

行ってきます。

もしかしたら今日中に書き込めるかも。

2008年7月19日 (土)

ricoボッタクリbarに転向か

P1010157a こんばんは

関東も遂に梅雨明け。

これから略2ヶ月暑い日が続く。

皆さん、くれぐれも体調を崩さないようにしましょう。

先ずは、お知らせから

今度の日曜日(20日)は営業させて頂きます。

翌21日の月曜日をお休みさせて頂きます。

再来週は柏祭りの為、これまた27日日曜日を営業にし

翌月曜日の28日を休業させて頂きます。

今回は変則な定休日となり申し訳ございませんが、何卒

宜しくお願いします。

参加人数の締め切りがそろそろ迫る「熊本珍道中2」ですが

どのツアーに決めようかと検索していたら、無い!格安が。

9月21日 日曜日羽田発予定なのでグンとツアー料金が跳ね上がってしまう

のには、ビビッた、ガチで(DAIGO風)

色々検索して行くとやっと納得がいく料金のツアーを発見。

2泊3日飛行機代、ホテル代込みで34300円。

これに決めるか、ホテルも繁華街に近いし。

という事で現在参加予定の皆さん34300円を8月初旬に

僕宛にご持参下さい。

(前回は5人分僕がカードで立て替えたので珍道中から

帰ってカード会社からの請求でこれまたガチでビビッた。)

タイトルにある「rico ボッタクリBARに転向?」は昨日起こった。

賢明な方は誰が何をしたのか、お分かりであろう。

そう、期待を裏切らないテロリスト1号の仕業であった。

その忌まわしい事はこの様にして起こった。

20時頃珍しい時間に常連のHさん、M谷さん、M本さん、Sさん

の4人が談笑していた。するとM谷さんより「王道楽土」のオーダーが

入り僕が「ハイ、ありがとうございます。」と返事して造りりに掛かると

テロリスト1号は何を勘違いしたのかM谷さんに「ビン・ビール」の

栓を開けお出しした。あれ、M谷さんビールは注文してないんじゃ、と

不思議に思ったら、案の定M谷さんが「注文してないよ」と

当たり前の返事。そりゃそうだ。するとテロリスト1号は

「あれ、違いましたっけ?」と確認をしていた。心優しい

M谷さんは「いいよ、いいよ貰うから」と栓の開いたビールを

引き受けてくれた。なんと有難いお言葉。

M谷さんは最初にビンビールを1本飲んで、それから焼酎に

移行するパターン。何時もよりもビールを1本余計に飲んで

頂き申し訳ありませんでした。そう、これで判るように注文していない

酒やツマミが「さらっと」出で来る可能性があるので、ricoの

常連さんと言えども決して油断してはならない!テロリスト1号に。

画像の「金峰 櫻井」と「黄色い椿」は昨日の黒糖焼酎と一緒に

近いうちに書き込ますので少しだけお待ち下さい。

2008年7月18日 (金)

山小舎の蔵

P1010156a こんにちは

雨が降ったというのに蒸し暑いですね。

良孝さんのメールによると蔵は今仕込みはなく

田圃に生息しているジャンボタニシが稲に悪さをするらしいので

駆除に大変だと、そして蔵の機械や器具のメンテでそれなりに

忙しいと伝えていた。

さてとそろそろ「熊本珍道中パート2」の格安ツアーを

探さないといけない。先日、ざっくり探した感じでは36000円

前後だった。ただし、フライト便に制約があり前回の閑散期と

違い半日位ロスする感じ。ま、格安で行けるのだから文句を

言う筋合いではないよな。

ricoにも漸く「萬膳」「萬膳庵」を導入する事が出来た。

ホントは「真鶴 まなずる」を真っ先に入れたかったのだが。

ricoの利益率で1杯の提供価格を算出すると1600円と出た。

この価格ではいくら美味しいとは言え飲む人はいないよなあ。

出血大サービスで1000円という処だな。

この蔵元さんの「山小舎の蔵」は1922年に鹿児島県姶良郡

霧島町に創業。30年前に現社長のお父さんが亡くなられ

一時販売だけで焼酎造りを止めていた時期があったらしい。

だからか、ヤフオクで見ていると偶に「真鶴」のとんでもない

価格のブツが出てくるのは。そう言えば「終売」と書いてあった。

「真鶴」はホント旨い。そして、「萬膳」「萬膳庵」も充分に

旨い。フルーティで優しく芋の甘味が良い。

フルーティさは「萬膳庵」のほうが強い。

2008年7月17日 (木)

パッションフルーツ 鶴見 くろ田

P1010154a こんばんは

今日は

遅い書き込みです。

本当は公休日なのですが、テロリスト1号が

一人になってしまうので急遽BAR TIMEは出勤することに

したわけです。

久し振りに時間が出来たのですし処「くろ田」に開店5分前

からお邪魔しちゃいました。ricoには19時くらいに入る予定

だったので握りはいつものおまかせでツマミは鰺のなめろうで

焼酎はなんと「長雲」を入れていたのでビールのあとは千葉県

黒糖焼酎普及協会会長としては当然飲まないわけにはいかないよな。

そして、芋の「鶴見」が置いてありこれも自宅にはあるのだが未だ

飲んでない焼酎。「なめろう」をツマミに「鶴見」を頂く。

芋の甘さがしっかり出ていて、しかも芋芋していなく美味しかった。

次回rico新規導入焼酎に決定。

そうこうしているうちに「くろ田」をお暇する時間になる。

会計をお願いすると、美人若女将が奄美産のフルーツ

「パッションフルーツ」をお土産に数個ビニール袋にいれ

手渡してくれた。一度も「パッションフルーツ」を食べた事の無いと

告げたら、その場で冷えた奴を一つ半分に割ってスプーンと

一緒に出してくれた。早速、キウイのような種が詰まった果肉を

頂くと甘く、少し酸っぱい味で南国奄美大島を感じさせる爽やかさが

口の中に広がり美味しい。ありがとね、くろさん、かなさん。

熊本珍道中パート2は現在8名確定してます。

あのキアヌM君が参加したいとメールをくれました。

キアヌM君、体調を万全にね。

本日の画像は黒糖焼酎の2本です。

「三年寝太蔵」「昇龍」です。

詳しくはまたの機会に・・・・・・・・・・・・・

2008年7月16日 (水)

鷲尾 到着

P1010152a こんにちは

久々に画像をアップしました。

真ん中が昨日ご紹介させて頂いた

「紫の赤兎馬」です。通常の「赤兎馬」と比べると確かに

香味の違いが感じられる(当たり前か原料の芋に違いがあるから)

この香味の違いは好みが「紫」と「赤」で分かれるかもしれない。

ま、是非お試しを。

向かって左側に写っているのが「鷲尾」。これも生産数が

限られていて、なんと年間5000本という微々たる本数。

あの旨さでこの生産本数は無いに等しい。

正価(2600円前後?)で見かけたら即ゲットの激ブツ。

この「鷲尾」の蔵元さんは田村合名会社。

1897年(明治時代)創業で現在は4代目社長桑鶴ミヨ子氏が

運営されている。創業当時の甕を今でも一次、二次仕込みに

使っている。銘柄は「薩摩乃薫」「純黒」の2大シリーズで

有名。この「鷲尾」も次の入荷は完全に未定。

そして、最後はこれも黄麹仕込みの「極の黄」。

「天無双」などの銘柄でお馴染みの「さつま無双」さん。

この蔵元さんも明治時代(田村合名さんより4年?後)

この「極の黄」はまだ飲んでいない、が、黄麹仕込みなので

偉そうに言わせて貰えば大雑把なイメージは出来る(ほんと偉そうに!)

この「極の黄」の店出しはもう少し後になります。

此処のところ黄麹仕込みが続いているからな・・・・・・・・。

という訳でもう少しお待ちを。

ricoからお知らせです。

今度の日曜日(20日)とその次の日曜日(27日)は

営業させて頂きます。その為、翌日の月曜日(21日、28日)を

お休みさせて頂きますので、常連の皆さんくれぐれも

お間違いにならない様にご注意下さい。

2008年7月15日 (火)

入荷 紫の赤兎馬

こんにちは

昨日は渋谷で「DAVID POTTS」のライヴを見るため

BAR TIMEはお休み頂きテロリスト1号一人で頑張って

貰った訳です。

渋谷の焼酎居酒屋でいいところを見つけました。

「彩」という店で宇田川町交番の対面のビル3階に

あります。そうそう、1階は酒屋の「河内屋」です。

エレベーターで3階まで上がって店内に入るとこ洒落ていて

左側の壁面にズラッーと焼酎が並ぶ。これだけの品揃えは

熊本の「感」よりは劣るが、大抵の人は満足できるだろう。

只、「ハナタレ」や「原酒」系は殆ど無かったような・・・・・・。

「ろかせず」はあったよ。

ここで飲む時は絶対に「月曜日」に行くべし。

それは「焼酎 全種類300円」で飲める。

正に庶民の味方。僕と後輩のSはライブまでの1時間半をここ「彩」で

しこたま焼酎を飲む。ツマミもそこそこ美味しかったので渋谷に出かけたら

是非立ち寄って欲しい居酒屋さんだ。

「月の中」「萬膳庵」「純芋一年貯蔵」「朝日 壱乃穣」をハイピッチで

飲んだら。酔いが廻ってきた。

いざ、本日の会場「O-NEST」へ。

ほんと何年振りか、円山町のホテル街を男二人で歩き

「O-NEST」に入ると政信君は既に来ていて(当たり前か)

軽く挨拶してステージ前のテーブルに陣取る。

20時をちょっと廻った頃にメンバー4人がステージに現れる。

ベースとキーボードが女性。タイコが少し太めの男性。

で、ヴォーカルとギターがDAVID。彼は意外と小柄で

童顔。なんか親近感を覚える。

ライヴはテンポ良く進んで行き途中「悲しみをぶっとばせ」を

演奏。最後のアンコールは「スローダウン」で楽しませて

くれた。ライヴを見ていてふと感じたのが「縁は異なもの」で

日本の片田舎「柏」の政信君と大英帝国のミリオンセラーを

記録したミュージシャン「DAVID POTTS」との縁を考えていたら

胸が熱くなって不覚にも落涙しそうになってしまった。

是非、この柏でレーベルを立ち上げた政信君の「KAFFREC」を

応援して欲しい。応援するならCDを買ってくれ てか。

届きました!「紫の赤兎馬」

画像をアップ出来なくてすんません。

近日中にアップしますのでもう少しお待ち下さい。

(まだ飲んでいない!)

それと、「鷲尾」も再入荷します。(1度目はNさんのお土産)

多分、明日辺り。画像も「紫の赤兎馬」と一緒に出来ればと

考えています。焼酎ファンの皆さん、お楽しみに。

2008年7月12日 (土)

柏が危ない!

こんにちは

暑い!今日は今年一番の暑さか?

(まだ今年一番にするには早いだろ!)

今日あの「王紀」が再入荷しました。

黒糖焼酎のなかでも古酒を除いて非常に円やかな口当りで

お好きな方も多いはず。

次回入荷は当然未定なので是非飲んでおいて下さい。

昨日の柏、ricoの近辺は23時ごろ騒然とした。

何時も金曜日に見えるお客様が店に入ってくるなり

「なんかあったんですか?」と尋ねてきた。

「いや、判らないですけど、どうしたんですか?」と

逆に問い返す。

「さんさん通りが封鎖されてて、消防車がいっぱい止まってますよ」

と大雑把な状況を伝えてくれた。

ricoからほんの100数十メートル離れた大通りで交通量も

大変多い。どうやら三井ガーデンホテルで最近流行りの

「硫化水素」自殺?らしい(確かではない)。

ちょっと前は一家惨殺という凄惨な事件があったばかり。

どうなってんだ、柏。大丈夫か。

そんな事件?が起こっていた最中ricoは大忙しで、テロリスト1号と

僕の二人でてんてこ舞い。結局終電には間に合わずテロリスト1号が

ビジネスホテルを予約してくれて、其処に宿泊する事に。

思ったよりも部屋が広くて助かった。という訳でで、久し振りの

嬉恥ずかし朝帰りとなった。んー、眠い。

明日は定休日。

偶には本を整理しようかな?

多分グダグダになりそうな予感。

たいへん

2008年7月11日 (金)

遂に来日 DAVID POTTS

こんばんは

今日は何時もより遅いスタートですんません。(20:18)

日中に「KAFFREC」の社長の政信君に愈々

明日からスタートする「DAVID  POTTS  JAPAN  TUOR」の

チケットを購入する為に電話したら、予想通り留守で代わりに

初めて聞く声の人に電話くれるように伝言をお願いしたら、

10分もしないうちにricoの電話が鳴った。政信君だった。

彼は丁度DAVID達を成田空港へ迎えに行っている所で

無事彼らが通関して日本の地を踏んで間もない時だった。

僕が後輩(元会社の)と行こうと思っている14日月曜日渋谷

「O-NEST」のチケットがあるかの問い合わせをしたら、大丈夫

との事なので、店を抜け出して柏駅西口にある彼の店に

買いに行ったのだ。そしたら、僕が店に行く前に政信君ご一行

が一旦店に寄って一騒ぎして渋谷にコンサートを行ったと

留守番の彼が言っていた。そして、宿泊先はなんと柏駅

西口にあるビジネスホテル「プラザホテル」に英国のミュージシャンが

泊まるとは。訪ねちゃおうかな。が、明日はTOURの初日だし

まして会場は南柏にある「drunkard's stadium南柏」だもな、

乱入するわけにはいかないよないくらなんでも。

2008年7月10日 (木)

黄色い椿 和助 紫の赤兎馬

こんばんは

昨日の「一路U」に収穫はなかったようだ。

豪遊はまだまだお預けだね、「一路U」よ。

偶にはまともに焼酎ネタで攻めますね。

先ず、以前にも紹介させて頂いた八木酒造さんの

「黄色い椿」をやっと導入しました。とっくに店には

持ってきていたが陳列スペースがなく「空席」を待って

いたような状態。この「黄色い椿」は春だけの限定で

1年に1回だけの出荷のようだ。今回は運良くすし処「くろ田」

の若きご主人 くろさんが気を利かせて購入してくれたので

無事正価で購入する事が出来た。よって皆さんにも適正価格?で

ご提供出来るわけです。(当たり前だろ)後数ヶ月もすれば

この蔵元さんの秋限定「熟柿」が登場するはず。

この「熟柿」は自宅で大事に寝かせてあるので秋には

ricoに登場させようかなともったいぶってる次第です。

2本目は「五代目和助」です。蔵元さんは白金酒造さんで

多分、以前に紹介させて頂いたと思いますが復習と言う事で

簡単に蔵元さんの紹介を。

明治2年に初代川田和助が川田醸造所として創業。

「白金の露」の各ヴァージョンで有名です。僕も以前に

グリーンのボトルの芳醇タイプを飲んだが飲み飽きない

正に自家用焼酎と言う感じで美味しかったのを憶えている。

この「五代目 和助」も以前ricoで季節限定の原酒

ヴァージョンを導入したので記憶にある方もいらっしゃる筈。

今回はノーマル・ヴァージョンだが「酒の一九会」という

団体?のPB商品の為あまり出回っていないらしい。

味は日本酒で表現すると辛口で芋の香りと甘さがガツンとくるが

キレは良い。Fさん好みか。

最後の1本は何と「紫の赤兎馬」。あの赤兎馬の限定ヴァージョン。

実は何時ものようにヤフオクで焼酎を見ていたら「ギャボー」

普段見慣れている黒をバックに赤文字だが目に飛び込んできたのは

紫をバックに赤文字。一瞬、ミスか?と思ったらミスではなく

限定ヴァージョンとの事である。なんという事。

こんな限定が出ていたとは。濱田酒造さん、侮れん。

で必死に探したらありましたよ、正価で。一人2本までなので

当然2本ゲット。この「紫の赤兎馬」は綾紫芋と黄金千貫を

バランスよく仕込んだ激ブツとの事。

期待が膨らむね、赤兎馬に綾紫芋を加えたとなると。

赤兎馬はricoのベストセラー焼酎でもあるからね。

ヤフオクでは7000円を超える勢い(現在6750円)

1週間位でricoに到着する予定。到着次第速攻で

アップします。

2008年7月 9日 (水)

一路U 落胆

こんばんは

過ごしやすい気候でいいっすよねえ。(DAIGO風)

最近は冷やかしたから言わなくなったが「一路U」も

「そっすねえ」は口癖だったな。必ず話し始める前に

DAIGOのように「そっすねえ」を入れていた。

その「一路U」だが今日、コーヒータイム中(16時頃)音も無く

僕の横に現れた。

あれっ、今日は水曜日だぞ。さては「バックレ」かとも一瞬

頭を過ぎるが意外と「一路U」は顔に似合わず真面目だからな。

で「どうしたの、珍しいね」と声を掛けると彼は大井までお馬さんを

見に行くとの事。でも、顔色が冴えない。更に問いかけると

今日のメイン・レースに「一路U」お気に入りの全身白毛の馬が

出走する予定だったが蕁麻疹が出た為出走取り消しとなったようだ。

落胆の原因はこれだったのだ、お馬さんに会えないと。

この全身白毛馬は非常に珍しいらしく、何が珍しいかと「一路U」が語るには全身白毛と言う事自体も

珍しいがそれに輪を掛けてレースに強いと言う馬は

「一路U」が生きている間にあるかないか、非常に希有の事

らしい。競馬に全く興味の無い僕はそんなにも馬が良いのかい!と

思いながらも少し教えて貰った。

レクチャーを受けているうちに「今度一緒に行こうか?」

となり、近場の船橋競馬場で開催する我々にとって都合の

良さそうな日を物色して貰うと8月28日(木)が見付った。

この日なら第4木曜日なので、僕の公休日を1週ずらせば

大丈夫だし、幸い「一路U」もこの時期なら有休は比較的

簡単に取れそうだということで「船橋競馬場」行きが

決定した。となると、アフター競馬は勿論すし処「くろ田」で

寛ぐという事になるな。

Uよ、当てるか二人で、100万馬券!

やったあ!豪遊だ。船橋で。

2008年7月 8日 (火)

コレクター

こんばんは

ヤフーニュースを見ていたら非常に気になる出来事が

目に止まる。

一つは「富山、石川で記録的な大雨」この地域はあの

「一路U」の故郷で親孝行な「一路U」は美味しい焼酎を

見つける度に実家にせっせと送っているらしい。その故郷が

記録的な大雨とは!「一路U」も気が気ではないだろう。

無事を祈ります。

あと一つは黒糖焼酎の聖域「奄美南部」を震度5弱の

大きな地震が夕方4時42分頃直撃した、との事。

千葉県黒糖焼酎普及協会会長(久し振りに登場)の僕としては

蔵元さんが無事かと気を揉んでいる訳です。まあ、この位

だから「倒壊」は無いと思うが・・・・・・。大丈夫だろうか。

中にはぼろっちい(ごめんなさい)蔵もあるからな。

富田酒造さん、大丈夫ですよね!

皆さん、ご無事で。

ヤフオクのレコードを見ていると(いつも見ながらブログの

記事は何にしようか?と考えている)またまた出た!

激ブツが。

その激ブツとはクラプトン・ファンならご存知の「パワー・ハウス」

時代の音源が収録されている「ホワッツ・シェイキン」という

コンピ物で、しかも国内初回盤のジャケット全体を被せ帯の

ようなデコレーションがあり、それが破れもせず所謂「完品」

という状態で出品されていた。このレコードは高校の頃に

「完品」という新品で購入して、レコードに「帯」という

日本独特の宣伝文句が書かれた紙が蒔きつけてあり、確かに

そのセールストークに触手が動いたのも確かである。

が、高校生という世代は意味も無く粋がる世代でもあり、

その「帯」が付いているのはダサいという概念がありレコードを

買ってくるとすぐに帯を破いて排除するという行為が変な

快感を呼び起こしていた。そんな若気の至りが今の己の

資産を目減りさせている訳だ。全く愚かな行為だった。

何でも物は大切にしないといけない。この「ホワッツ・シェイキン」

の「完品」を見かける度に後悔の念が未だに甦る。

未練だぞ!

因みにこのレコードの現在の入札価格は16000円。

まだ、5日も残して。

2008年7月 7日 (月)

荘 魯迅チャリティ・コンサート

こんばんは

蒸し暑い日が続いていますが、皆さんは体調を

崩していませんか?

ヤフーを開いたら夏らしい鮮やかな水色に変わった、

って気づきました?ま、別にどうでもいいことですが。

16時頃初めてricoに来店してくれた男性二人組みのお客様と

話す事が出来た。これだけでは何も日頃有触れている事なので

決して珍しい訳ではない。

話をしていくうちに判った事だが彼「荘 魯迅」さんは

漢字で名前を書けば判るように中国人だ。日本語が

あまりにも上手なので「日本に来て どの位経つのか?」

聞いてみると「20年」と答えが返ってきた。

どうりで上手いわけだ。よおーく聞いていればイントネーションが

ちょっと日本人ではないと気づかされる。

さて、そんな事はどうでもいいことで本題は彼が来る7月22日(火)

18時30分より柏 STUDIO WUUで5月12日に中国四川省で

起こった大地震の支援コンサートを行うことで、皆さん是非聴きに

行って下さい、ということなのだが。「荘 魯迅」という人の正体も

判らず「じゃあ行きましょう」とはならないよね。

手元にお預かりした支援コンサートのちらしに書いてある

彼のプロフィールを簡単に抜粋してみよう。

1956年上海生まれ。中国全土で音楽活動を展開。1988年に来日。

日本語を習得し音楽活動の傍ら、和光大学、朝日カルチャーセンター、

NHK文化センターなどで、漢詩、音楽及び中国史、中国語を

教えている、とある。彼にとって四川省は精神的故郷(李白の故郷)

であるらしく、その再建の為に自ら支援コンサートを開き義援金を

募り、また自ら現地へ届けるとの事(勿論、交通費、宿泊費は自費)

興味のある方は足を運んでみてはどうだろう。

入場無料 先着100名限り 要予約

予約・問い合わせ 荘 魯迅事務所 ℡03-3754-0900

焼酎で何かお奨めはと問われたので当然「赤兎馬」を

お奨めさせて頂いたのは言うまでも無い。

2008年7月 5日 (土)

東ドイツ 黒瀬

こんにちは

もう夏だよね。

この分じゃ、はっきりとした梅雨明けではなく

ズルズルと真夏日が続き知らぬ間に梅雨明けしていた

という気象庁泣かせの天気になりそう。

昨年もそんな感じだったような、やはり温暖化の影響か

皆さんも温暖化防止に少しは自分で出来ることを

実行してますか?(偉そうに!)

僕はクーラーを自宅では使用していない!どうだ!

威張る程の事ではない。扇風機に切り替えた。

どうもクーラーの冷たい風が体に合わなくなったようだ。

ricoも割り箸は今ある分で止め使い回しの出来る箸に

切り替えなければいけないよね。

この暑い中悠々自適のTさんがバイクを飛ばして

自分が育てた「きゅうり」をビニール袋に詰めて持ってきて

くれた。申し訳なかったので「ジュースでも飲んでいけば」と

お誘いしたが「いいよ」と断り、月光仮面のように颯爽と

帰っていかれた。何時もありがとうございます。

今度は「枝豆」をお願いします。(何を頼んでいるのだ!)

昨日、久々に「東ドイツ」君からメールが届いていた。

彼もブログが更新されてない事に?を感じ、心配して

メールをくれた。ありがとうね。

そろそろ4ヶ月経つのか!メールにはデュッセルドルフに

引っ越した事が書かれてあった。彼曰く、日本人が多い

町でバイトを探している事と焼酎を売ってる店があって

価格も高いという事がリポート?されていた。

どうやら元気にやっているようで安心した。

健康には充分注意して頑張ってメタボになってくれたまえ。

昨日から焼き芋焼酎の銘柄で有名な「黒瀬」を初導入

しました。「黒瀬」とは焼酎造りの技能集団「黒瀬杜氏」を

指し全盛期には150人位活躍していたそうです。現在その

トップにいる方「黒瀬安光」氏で彼の名をそのまま銘柄にした

焼酎も発売されています。この「安光」氏は杜氏の部門で

人間国宝にしてもおかしくないような方らしい・・・・です。

そう言えば自宅にこの蔵元さんの「阿久根」があったな、

やはり由緒正しき焼酎だったか。因みに「阿久根」という

土地は焼酎発祥の地と言われている。

やはり、鹿児島は訪問しなければならない土地だな。

来年の珍道中は鹿児島か!

2008年7月 4日 (金)

こんにちは

今年の梅雨はカラ梅雨ですね。

まして今日など出勤時の空を見上げたら、夏の空でした。

この時間(16:24)でもまだ日差しが強い。

こんな暑い日はビールも良いけど健康に良い甲類焼酎を

ロック氷を容れたグラスに注ぎ、ゆず、はちみつジュース(勿論

馬路村産のやつ、無農薬栽培だからな)で割って飲むのが

良いに決まってる。程よく優しい甘さが口の中に広がり

ゆっくりと癒される。

昨日は休みを頂いていたので、ほんと久し振り(一月振り位か?)

地元のリーズナブルな鮨屋「しゃり膳」で軽く握って貰った。

(土日は予約しないと入れない、開店と同時に席が埋まる。

だから、平日の開店時に行くに限る。話も出来るし、何より

ゆっくり静かに過ごせる)

何時も僕の相手をしてくれるSさんが言うには船橋に

また出店するとの事。という事は薬円台の本店、北習志野支店

船橋支店2店の計4店になるということか・・・・・・・・・。

う~ん、凄いね。まだ10年は経ってないはず。

世界に躍進する「しゃり膳」だね。そうなるとSさんももうすぐ

店長か、それとも独立か、どっちにしても頑張って欲しいね。

最近、僕は読書づいてるいるが原因は不明。

今は戦争裁判に少し興味が傾いている。それは、「明日への遺言」

という日本映画が引き金になっている事は確かだ。

その映画を見逃した事も大きくトラウマになっているようだ。

以前のブログにも確か書いたと思うが映画「明日への遺言」の

原作、大岡昇平著「ながい旅」を読んでから巻末に紹介されていた

参考文献の中に目を奪われた書名があった。

「巣鴨プリズン 13号鉄扉」今、この本を読んでいる。

内容は書かないがとてもとても堪らない。

理不尽な裁判による判決(死刑)遺書、残された家族の思い

など僕が軽くここに書くべきではない重さがある。

戦争を二度と起こさない為にも歴史の事実を正確に

教えるべきだとつくづく思う。今更ながら。

もうすぐ終戦記念日がやってくる。

沢山の思いがあるだろう、少なくとも1年に1度は「戦争」を

色々な視点で考え、今まで自分が知らなかった事実を

学んでも良い時期だろう。

(ちょっと、重過ぎましたね。失礼しました。)

2008年7月 2日 (水)

画像

P1010143a こんばんは

久々の画像です。

昨日の記事に書き込んだ黒糖焼酎アイスクリーム

です。名前も決めました。

その名も「太陽と月」。当ricoの常連さんにはこの名前の

由来は多分お分かりでしょう。

そうこの黒糖焼酎アイスクリームの製作者は柏で

安くて美味しいスパゲッティを提供してくれる「太陽と月」の

シェフ イノさんです。ricoでも評判のケーキ(チーズケーキと

ガトーショコラ)もイノさん製作です。

散々お世話になっています。

この黒糖焼酎アイスクリームはricoのオリジナルとして

お客様に提供してよいと言っていただいたので、それではと

名前を付けるなら「太陽と月」しかないだろう、と独断で

決定したわけです。(本音は奄美の風にしようかと思ったが)

新規導入はもう一つあります。焼酎ファンには「そんなの

関係ねぇ!」(もう死語か!)というアイテムです。

名前はちょっとダサいが「馬路サワー」(決定ではない)

かなり女性好みのサワーになった。高知産のゆず、

はちみつジュースを甲類焼酎でわった健康的で

さっぱりほのかに甘いこれからの季節にぴったりな

サワーである、と自画自賛。

2008年7月 1日 (火)

黒糖焼酎アイスクリーム

こんにちは

木曜日までは今日のような天気でいくようですね。

今日で7月に突入。

早いもので今年も残り半年。

皆さん悔いが残らぬよう生きましょう。

先週の土曜日にNさんが飲みやすいワインとチーズを

2種類持ってきてくれたが、何故か「一路U」は現れなかった。

やはり彼の嗅覚は「焼酎」にしか反応しないように

プログラムされているようだ。

本日からricoに新メニューが加わります。

男性諸君にはどうでもいいようなアイテムかもしれない。

が、女性の方々には喜んでいただけるかもしれない。

ricoオリジナル「黒糖焼酎アイスクリーム」です。

製作は「太陽と月」のシェフ イノさんです。

レーズン入りなので市販のラムレーズンアイスクリームに

若干似ていますが、「里の曙」を使用しているので

黒糖焼酎の香りがほんのりと優しく感じられます。

是非、一度お試し下さい。

「一路U」はなんと心に風邪を引いたそうです。

詳しい事は全く話してくれませんでしたが、大方

酒を飲みすぎての失敗でしょう。ちょっぴり元気がなかったので

Nさんが少し置いていってくれた「櫻井麦古酒 原酒 限定2660本」

を嘗めさせてあげた。

「萬膳」「萬膳庵」は美味しかったかい?

「一路U」よ、少しは元気になったかい?

これからの君の長い人生「風邪」どころか「肺炎」に

なる事もあるだろう。若いうちにしっかり免疫を付けときなさい。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック