無料ブログはココログ

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

ダイちゃんとまさるや

こんばんは

通常ならば日曜日の今日は定休日ですが本日は夕方18時より

営業です。外吹く風はいつの間にか秋の気配のする風に変わっている。

今日は何時もricoのケーキやアイスクリームでお世話になっている

スパゲッティの店「太陽と月」の若き将来のシェフ「ダイちゃん」が

次のステップに上がる為本日31日で3年ほど修行した「太陽と月」を

巣立って行く。そんな訳で久し振りに「太陽と月」にお邪魔した。

ランチタイムもそろそろ終わる時間に厚かましくドアを開けた。

名シェフイノさんに海鮮系のお任せパスタと白のグラスワインを

注文し昼間から少し飲み始めなんだかいい気分。

早速、サラダが運ばれてきて何時もながら感心してしまう。

というのもランチのサラダって貧弱な店が多い中、ここ

「太陽と月」はサラダと呼べるヴォリュームをしっかり維持していて

今日はなんと生ハムまで入っていた。それでメインのパスタと

コーヒーまで付いて1200円は安すぎだろう、大丈夫かイノさんと

何時も頂きながらイノさんの心配をしてしまう。

パスタはパスタで我侭を言って「海鮮」でお願いしたら「具沢山」の

パスタとサービスしてくれて美味しく正に「予は満足じゃ、苦しゅうない

近こう寄れ!」状態。パスタも美味しく食べ終わり「ダイちゃん」と

僕は白ワインを飲みながら彼に偉そうに能書きを言っている。

「ダイちゃん」ごめん。でもしっかり修行して独立した時には

迷惑だろうがお邪魔するからね、健康には充分注意して頑張って!

さて「まさるや」だが以前ブログでもご紹介させて頂いた町田のほうにある

酒屋でヤバイ焼酎、日本酒がゴロゴロ転がっている酒好きにとっては

神のような存在の店だ。かの東ドイツ君(通称若旦那乃至は金田一)の

懸命な捜索により突き止めた酒屋でもある。僕も船橋から態々時間と

金をかけてお邪魔したがあんな間口の狭い(すんません)店が山田酒造さんと

提携してPB商品である「嶺義」を造る事が出来たのか?

不思議でならない。が、まさるやの酒に対する愛情はマリアナ海溝よりも

深いものがあり様々な普及活動もされている。酒屋の鏡だ。

そのまさるやに昨晩少し遅い時間に立ち寄ってくれたKさん夫妻と

四方山話をしているうちに「車出すから、まさるやに行きませんか?」との

提案がありそろそろまさるやに行きたいなと思っていた僕にとって

渡りに船、猫にまたたび状態だ。

という訳で「まさるやツアー」に参加したい方は来週金曜日までに

僕宛に連絡をお願いします。あと3~4人くらいは大丈夫だと

思います。

2008年8月30日 (土)

熊本珍道中パート2暫定スケジュール

こんばんは

今日も大雨注意報が出ている。

明日の朝まで続くとの事、ホント何とかならんかね「ゴルゴU」。

昨日は何時もより早く羽田に着きその足でricoに立ち寄って

くれたNさんと「熊本珍道中パート2」のスケジュールについて

アバウトながら打ち合わせをした。

先ず1日目はNさんが海外出張から帰国しそのまま熊本空港で

合流する予定。Nさんにとってはかなりハードな日になりそうだ。

レンタカーとNさんの車2台で行動開始の予定。

阿蘇ファームの近くでゆっくり今回は温泉に入る(魚に突かれて

古い皮膚を取ってくれるところもある)その場所はいろいろな

施設があり楽しめそうなイメージ。晴れてれば火口を覗きに

行こうと。夜は美味しい魚又は馬刺しを食べ2次会は前回も

お世話になった「感」で美味しい焼酎を飲み捲くり大会。

そして無事ホテルへ。(果たして何人が無事辿り着けるか?)

2日目は蔵元巡りを初めの蔵元さんは「豊永蔵」で有名な

「豊永酒造」さん(まだ、アポイントは取れていない)。場所を

その場に居合わせた「ゴルゴU」とPCで確認したらなんと

恒松酒造本店さんのご近所さん。(電車で2駅の距離)。

これだと恒松さんに車を置かせて頂き二駅だけどローカル線の

旅を味わうのも乙なものかも。(人吉駅からという手もある)

そして、夜は「瞳」で呼子の活イカと旬な魚を堪能し、2次会は勿論

「感」で焼酎飲み放題の狂乱の世界へ旅立つ。

3日目帰京する日は夕方までたっぷり時間があるので

どうしようかと、メインは美味しい昼飯を頂く。

この辺りはNさんの豊富なネットワークを活かしてお任せする。

なんて、今のところざっくりこんな感じですが。

珍道中参加メンバーは要望があれば僕宛にコメントでリターンして

頂いても構わないし、口頭で直接言って頂いても良し、手段は

お任せする。因みに注意事項だが9月1日よりキャンセルした場合

キャンセル料が発生するのでNさん以外はくれぐれも体調を

崩さぬよう健康管理に充分注意を。

昨日事件のあったブツ「榮花」は何時もより30~40分

登場が早かった「ゴルゴU」と一緒に味わった。

「兼八」のイメージがあったので全く別物な麦焼酎で、

僕的には「兼八」より好きなタイプであった。

2008年8月29日 (金)

初めての事件!

こんにちは

昨日の断続的な大雨には参りましたね。

皆さんは如何でした?

被害は無かったでしょうか?

予報では今日も荒れるような事を言っていたが今のところ

柏は大丈夫ですね。これからですかね?

今日は大事件が発生した。

初めての経験。

事の顛末は単純だが、ちょっと書き込んでおこう。

焼酎ファンにとっても重要な事だから・・・・・・・・・・・・

何時ものようにヤフオクで焼酎を落札した。

中身は「佐藤 白」と「榮花」を2本の合計3本セット。

落札価格も「佐藤 白」が入っている割には安かった。

ricoの常連さん、焼酎ファンならば「佐藤 白」がどういう焼酎か

充分にお分かりだろう。しかし、「榮花」は多分ご存知ないのでは?

この「榮花」の蔵元さんはあの「兼八」で有名な四ッ谷酒造さんです。

これまた「兼八」は麦焼酎好きには堪らないプレミア焼酎であるが

この「榮花」は地元大分県宇佐市民の為に少量だけ仕込まれている

麦焼酎で四ッ谷酒造さんのホームページの商品紹介にも

掲載されていない激ブツです。

因みに「兼八」の銘柄の由来は知ってました?

焼酎ファンならご推察の通り、そう創業者の名前「四ッ谷兼八」さんから

採ったものです。

で、事件は配送業者が割ってしまったのだ!

僕の携帯にその連絡が入り先ず中身を開ける事が出来ないので

届けるから確認して欲しいとの事。僕は冷静さを装いながら

全部割れてしまったのか?と問うと、1本ですとの答えが・・・・・

少し安心した。そして、直ぐに次の不安が・・・・・・

ブツは何だ、どれが割れたのかだ。出来るならば「榮花」で

あってくれればと祈る。もし「佐藤 白」だと現在ricoにあるけれども

次にお出しする時にリーズナブルな価格で申し訳ないがお出し出来ない事に

なってしまう。それは僕にとって辛い事だ。すんません。

ricoのドアが開き配送業者の若い男性が大きな箱を抱え

誤りながら入ってきた。

何処で割れたの?と聞くと出荷先の営業所らしいとの事。

柏に着いた時には既に割れていた!

(お前は既に死んでいるってケンシロウか)

早速、逸る気持ちを抑えて酒の匂いのする箱を開けると

見事に1本、瓶の底が割れている。銘柄は「榮花」だ。

良かった!「佐藤 白」と「榮花」は其々無事だった。

不幸中の幸いだ!

若い配達員(バイト?)に弁償してくれるだけでいいよと伝え

上司にその旨を伝え連絡をしてくれる事になり先ずは一安心。

少ししてから携帯が鳴り弁償の確認をしたが僕も正確な価格が

判らず出品者に確認するしかないのではと答え責任者も再度

確認して連絡をしてくれる事に。そうしたらなんと出品者が

「榮花」をまだ持っていて配送業者が譲って貰いそれを

送ってくれる事で一先ず落着した。

いやあ!目出度し、目出度し。

2008年8月28日 (木)

薩摩七十七万石

こんばんは

昼頃から断続的に激しい雨が降った。

今はその雨も小休止をしているが空に雨雲がまだ居座っているので

夜遅くなっても断続的に降るのだろう。

そんな事で本日開催の柏レイソルVSFC東京の試合を

観覧する予定だったがキャンセルした。

といのも、行く予定だった人が行けなくなりその人の

ピンチヒッターとして起用?されたわけだがサッカーの試合を

雨の中で見るほどのファンではない、僕は。

で、僕もキャンセルしたのだ。

「薩摩七十七万石」は「極の黄」でもご紹介させて頂いた蔵元さん

さつま無双さんだ。この「薩摩七十七万石」は昔ながらの製法に

拘った木桶蒸留でもろみも甕壷仕込み。

穏かな風味と滑らかな口当り、そして柔らかな喉越しが売りの

芋焼酎なのだ。

今(18:00)、外は激しい雨と雷。

大雨注意報が出ている。

皆さん、帰宅時には充分注意を!

2008年8月27日 (水)

フェルメールと純芋

こんばんは

久々に太陽を拝める事が出来た。

今は涼しい風が吹いていて、もう秋になって行くんだなあと

ちょっぴりセンチメンタルになる。

今号の芸術新潮はフェルメールの大特集だ。

中身を見ずに読んだ事のない雑誌を初めて購入した。

まだ読んでいない。

早く上野に行って見てこなくては行けないのだが・・・・・・・・・

お盆に行った時のトラウマがあり行く日を躊躇している訳です。

月曜日は休館日だからどちらにしても日曜日に行かなければ

ならない。早起きして開館時に行くべきか、閉館間際に行くべきか

それが問題だ!(そんなの問題じゃない!どうせ夕方だろ)

「純芋」が入荷した。

ご存知の通り無濾過、無加水で半年寝かせたものと1年寝かせたもの

があり、今回も半年寝かせのブツを目出度く入荷する事が出来た。

「金峰」が残念ながら無くなるので、なくなり次第「純芋」も登場と

なる。

近々に、「兼八」で有名な蔵元さん四ッ谷酒造さんの地元限定の

「栄花」が入荷する。麦好きには堪らないブツだ。

また、入荷次第アップします。

2008年8月26日 (火)

新規導入 極の黄

こんばんは

土曜日までは今日のようなすっきりしない天気が

続くそうですね。晴れ間は日曜日までお預けか。

昨夜は業務連絡(ブログ)のせいか恒松酒造本店さんの

激ブツ「甕王道」が入荷したので「恒友会」のメンバーが

続々と3人ばかり「甕王道」を拝みに来てくれた。

中身は「極王道」だが甕に入っている分だけ少し割高の

800円での提供。平日だし到着日の今日は天気もよくないしと

悪条件の中ricoに足を運んでくれた、有難い事です。

最初に現れたのは0ちゃん、今日は来ないかもと思っていたら

やっぱり来た嗅覚鋭い「U」、そして真打はAちゃん。

これで僕は心置きなくricoを後にする事が出来た。

でも、気になることが一つ。

最近「U」の五感のうち味覚、嗅覚が怪しくなっている。

大丈夫か?「U」よ。このままでは熊本で美味しい魚、焼酎を

逃してしまうぞ。

極の黄の蔵元さんはさつま無双さんで沢山の銘柄が在る。

鹿児島県外向けに1966年に薩摩焼酎を大きく飛躍、発展させるべく

鹿児島県酒造協同組合の蔵元が中心になって創設された

蔵元なのだ。

「極の黄」は季節限定で黄麹特有の芳醇な香りで爽やかな

味わい、熟成酒ならではのまろやかさを兼ね備えた

後味すっきりで飲みやすい焼酎。

最近、意識はしていないが「黄麹仕込み」の焼酎が増えたな。

ま、近々に「純芋」も入荷するのでそれでかんべんして頂こう。

2008年8月25日 (月)

甕王道 ネリヤカナヤ

こんにちは

雨もどうやら上がり人通りが増えたような気がする。

北京オリンピックも昨日で終了し様々な事を感じ、考えさせられた

大会だった、僕にとっては。

閉会式は次の開催地がロンドンと言う事もあり予定されていた

ジミー・ペイジも無事登場し演奏をしてくれた事をニュースで知った。

実はジミー・ペイジの出演は判っていたのだが閉会式を見ながら

肝心な出演場面は寝てしまったのだ。情けねぇ!

まあ、早くワールド・ツアーを発表してくれよ、ジミーさん。

(rico常連の地味ーさんではない)

ツアーと言えばジャクソン・ブラウンが11月に来日が決定したようだ。

久し振りに足を会場に運んでみるかな。

今日無事に「甕王道」が届いた。

木の箱にどっしり収まって。シリアル№はなんと004だ。

ビートルズの「ホワイト・アルバム」がこのナンバーならば

ミリオン越えのハンマー・プライスか?

(そんな激ブツと比べるな!)

甕にはシンプルに「甕王道」のラベルが小さく貼ってあるだけ。

何時甕に詰めたのかは判らないがもう少しこのまま寝かせておくか。

「甘露王道」もまだあるしね。

これでricoの甕、壷焼酎は3アイテムとなった。

「明るい農村赤芋仕込み 原酒」「川越 壷入り」そして「甕王道」と。

カウンターがどんどん占領されて行く。

そろそろ、売り切りコーナー(300円)行の焼酎を考えないとな。

珍しくは無いが「極の黄」と「薩摩七十七万石」を導入した。

この2アイテムについてはまだ試飲していない。

もしかしたら「ギャンブラーU」が僕より先に飲んでいるかも

しれない。

売り切りコーナーと言えば黒糖焼酎「ネリヤカナヤ」を

格安にてゲット。というわけなので、ricoに到着次第

300円コーナーに大放出。千葉県黒糖焼酎普及協会会長からの

常連の皆さんへの感謝の気持ちとして飲んで頂ければ幸いである。

2008年8月23日 (土)

入荷 川越壷入り

こんにちは

昨日、今日と涼しくそして湿度も低く快適に過ごせますね。

と、思いながらricoに来る道すがら思っていたのですが、

そういういい気分をぶち壊したプチ出来事がありました。

それはコンビニでの出来事。

今日は珍しく朝飯を食べてこなかったのでコンビニで

おにぎり、サンドイッチ(三角の奴)、ペットボトルに入ったお茶の

3点をレジに持っていって脇に置くとバイトらしき男(17、18才位)が

「袋使いますか?」とマニュアル通りの接客用語を使ったので

何故か癇に障り「ああ」と横柄な態度でその男に伝えると

その男は「なんでこいつは偉そうに返事したんだ」というような顔を

したので更に僕の癇を逆なでした。「見れば判るだろ!」と

声を少し強めに言い放った。誰が見ても3個の量は片手で

持つにはしんどいのは見え見えだろう。そんな当たり前の事を

マニュアル通りに対応する何も考えない言葉に刺激された訳だ。

コンビニの若い男にフレキシブルな接客対応力を求める

僕がいけないのかもしれないが、今日は何故か腹立たしかった。

所謂、虫の居所が悪かったのだ。

愈々、更年期障害か?

ん~困った。

さて僕の愚痴はこれくらいにして、16時ごろ遂に到着。

昨日お知らせした「川越 壷入り」がricoに初見参。

「明るい農村 赤芋仕込み原酒」の壷より素敵な壷だ。

味はやっぱり「旨い!」心なしか瓶詰めより口当りが円やかで

芋の甘みも芳醇で広がりがあるように感じたが気のせいか?

どちらにしても「旨い」芋焼酎である事に違いは無い。

この蔵元の川越酒造場さんに跡継ぎの20代目がいらして

只今19代目からの指導を頂いてるとの事。

山田酒造さんと同じ親子で頑張って美味しい焼酎を我々に

提供して下さっている事に感謝、感謝。

そして、「甕王道」も「恒友会」のプライドに掛けて落札した。

年間200甕限定。あの「極王道」がどの様に変化しているのか?

楽しみだ。明日、到着予定だがricoは定休日なので翌日月曜日の

夕方到着となる。

請うご期待。

2008年8月22日 (金)

北京オリンピックと激ブツ2つ

こんにちは

北京オリンピックも残り僅かという中で日本女子ソフトボール・チームは

ホントよく頑張った。正に悲願の金メダル。上野投手の3連投

しかも3試合共に完投。恐るべき精神力と体力。

決勝戦は日本チームの力が一つになり勝ち取った輝かしい

金メダルだ。最終回、日本の守備は凄かったね。

よく守った。ツーアウトを獲った時のサードライナーは神様が

手を貸して取らせてくれたと言っても過言ではないほど

強烈なライナー、しかも前進守備で。

感動をありがとう、おめでとう、お疲れ様。

野球は残念ながら韓国に負けてしまい銅メダル争いに。

継投策は計画通りなのだろうが成瀬を1イニングで

交代させた事と岩瀬を最後に持ってきたのは素人の僕が

批判するのは申し訳ないが納得がいかない。

まあ悔しいだろうが気持ちを切り替え銅メダルを獲得して

もらいたい。

さて、肝心な焼酎の激ブツ2アイテムであるがその1つ目は

「川越 壷入り」限定品である。常連さんも納得の旨さ「川越」を

さらに壷に入れて限定品として商品化したもの。

これがなんと正価で落札出来た。まさかだった。

壷には神が宿り神の手が味をよくすると昔から言い伝えられている。

(科学的には遠赤外線効果だが)

蔵元の川越酒造場さんは以前にご紹介させて頂いたとおり

創業は江戸時代の1690年。川越酒造場になったのは明治40年。

「川越」が1998年とまだ歴史は浅いが全日空ファーストクラスの

メニューにも加えられている通り旨さには定評がある。

待ち遠しいな。早ければ明日。遅くとも来週月曜日には

到着するだろう。通常の「川越」より少し割高だが飲む価値は

充分にあるだろう。

残りの1本は、なんと我らが恒松酒造本店さんの「甕王道」。

読んで字の如し多分「極王道」をこれまた甕に詰めて商品化した

限定品。まだこんな激ブツが恒松さんに在ったとは!

この激ブツ「甕王道」は只今入札中。僕の前に一人入札している。

多分、その方との争いになるだろう。

上限もあるので程ほどの処で落着けばよいのだが、

果たしてどうなる事やら。「恒友会」諸君、特に「ハッカーU」よ

まだまだ探索の道は続くぞ。心して任務を遂行するように。

昨日、0ちゃんが久々にネタブツを持ってきてくれた。

詳しくは明日アップします。

2008年8月21日 (木)

東ドイツより

こんにちは

多分、今日の日本列島は日本女子ソフトボールの話題で

コミュニケーションを取ったのだろう。

「見た、昨日のソフトボール、オーストラリア戦?」

「見た!見た!凄かったね。」

そんな会話が全国あちらこちらで交わされただろうと

容易に想像がつくほどホント昨日の女子ソフトボール

オーストラリア戦は星野監督じゃないが「日本国民を

殺すきか!」と言いたくなる程応援している我々日本人の胃を

キリキリさせる大接戦だった。

勝って良かったが、あれで負けてたら激投の上野は報われないものな。

愈々、今日の夕方は宿敵アメリカとの頂上決戦。

正に「悲願の金メダル」を獲らせてあげたい。

ricoでもテロリスト1号と一緒に仕事そっちのけで

応援する。でも、僕が応援すると殆どが負けるんだよな。

う~ん、どうする?俺。

昨日、東ドイツより遥々?メールが届いていた。

彼曰く、京急の「新馬場駅」付近に立ち飲みだが焼酎の

品揃えの良い店があると態々連絡してくれた。

店の名は「焼酎楽園 菜花」と言い価格もリーズナブルとの事。

流石立ち飲み研究家だね。ドイツに居ても日本の立ち飲み屋情報は

きっちりチェックしているね、偉いぞ金田一君。

「焼酎楽園 菜花」を検索していたらどうやらホームページは

立ち上げていないらしく、ヒットしたのは東ドイツ君と同じ

立ち飲み巡りをしている女性 エロ姫にヒット。彼女?のブログを

さくっと見たが全国を荒らしまわっている感じ。恐らく東ドイツ君とも

何処かの立ち飲み屋で知り合いきっと「エロ姫」の毒牙に掛かって

しまったかもしれない。

因みに、焼酎楽園という焼酎専門の季刊誌も発刊されているので

興味のある方は是非ご一読を。

2008年8月20日 (水)

プレミア焼酎 伊佐美

こんにちは

15時過ぎにはやや強い地震があり焼酎棚を見ていたが

棚に収まっている焼酎瓶達はどっしり構えて微動だに

しなかった。たいした奴らだricoの焼酎どもは。

今日は何を書き込むかなとネタを起きてから考えていたが

全く無い!こういう日も当然あるだろうと適当な事を書き込んで

終了にしようと思ったが、閃いたのがタイトルの「プレミア焼酎

伊佐美」である。この閃きには伏線があって、つい2~3日前に

初めてricoにお見えになったご夫婦のご主人が焼酎に詳しく

「伊佐美に似てるのある?」と問い合わせがあり、そう言えば

「伊佐美」はどんな香味だったけと記憶を辿ったが僕の脳には

甦ってこなかった。そこで、「伊佐美」を試飲して似たような芋焼酎は

何かとこれまた思い巡らしたが該当焼酎が出てこない。

「櫻井」「鷲尾」「白天宝山」「蔵の師魂」等でも違う。

「伊佐美」は生で飲むと芋の甘さが口中にぶわーっと広がる。

と言うわけで残念ながらricoには「伊佐美」に似たアイテムは無く

お客様にはご案内出来なかった。申し訳ない事をした。

その方は「不二才 ぶにせ」も注文頂いたがこちらも生憎無かった。

今度、「不二才 杯」を自宅から持ってくるか。

日々、精進しないと如何なと感じた一日でした。

2008年8月19日 (火)

池の露

こんばんは

風が若干秋っぽくなってきた。

後一月もすればシャツは長袖になるか、というよりも

熊本珍道中パート2だ。

Nさんも参加出来ると良いのだが・・・・・・・・・・・。

パート2は前回メンバーに加え二人新メンバーが加わるので

伝説も増えるだろうし称号を欲しい儘にした「U」もきっちり

熊本で披露するネタを夜も寝ないで(会社で寝て)熟考している事

だろうし、熊本から無事帰還出来たらブログのエピソードを

どれだけ更新できるか、その期待に今から胸がワクワクする。

(前回は確かエピソード16迄だったと思うが)

そう言えば無事富山から帰宅した孝行息子「U」は義理堅く

ricoにもお土産を持参してくれた。

お菓子と焼酎という定番ではあるが、非常に有難かった。

特に焼酎「能登千年 15年熟成」は僕とテロリスト1、2号の

3人で試飲させて頂いたが「U」の称号がまた一つ増えるに充分な

香味とだけ此処では止めておこう。

昨日の月曜日はお休みを頂いていたので夕方、近所の

「しゃり膳」に行った。相変わらず開店時すぐでは店内に

客は一人も無く何時もの席に座ろうとすると、板前のSさんが

「鈴木さん、今日は此方で」と何時もの席より4つほど中央へ

ずれた処に案内された。「予約?」と聞くと「そうなんです」

との想定内の返答。お盆明けて今日も余裕だろうと思い描いていたが

当てが外れた。

毎度の事だが少し摘んでから焼酎を頂くパターンだが

メニューに「池の露」があったので飲んでみる事にした。

「池の鶴」という焼酎もあるのでお間違いないように。

蔵元さんは天草酒造さんで明治32年創業で現在に

至るわけだがこの蔵元さんの芋焼酎はどういうわけか

昭和55年で一旦止めてしまったようだ。そして、月日が流れ

2005年に復活したとの事。(主力は麦焼酎)

味は芋本来の甘みがあり風味豊かな味わいが感じられる。

機会があればricoにも導入する事にしよう。

2008年8月17日 (日)

伊調馨 金メダル獲得

こんばんは

強く降っていた雨も小降りになり数時間したら上がるような

感じ。久々に気温も30度を切り猛暑に慣れていた感覚では

寒いくらいに感じた。でもTシャツ1枚だけどね。

昨日、女子レスリングでは伊調千春は残念ながら前大会に

続き銀メダルだった。が、試合後のインタヴューや表彰式を

観ていたら、彼女の表情が非常に穏かで笑顔が溢れていた。

そんな表情を観れば彼女が言っていたように、全てを出し切って

本当に悔いは残してないのだなと伝わってきた。

2大会連続の銀メダル凄いよ。

お疲れ様でした。そして、ありがとう。

今日、ricoは珍しく営業してます。

バータイムだけですが。

無事に自宅で寛いでいる方は良いですが、未だ帰宅途中の

方はくれぐれも気をつけて帰ってきて下さい。

元気な顔をricoにm見せに来てくださいね。

と言いながら、僕は明日お休みを頂いています。

(なんでやねんと御約束な突っ込みをして下さい)

たった今、浜口京子の銅メダル獲得が決定した。

お疲れ様そしておめでとう。

2008年8月16日 (土)

ダークナイト

こんにちは

今、柏では強い雨が降り始めました。

埼玉や群馬には大雨洪水注意報の他竜巻、突風注意報も

併せて発令されている。帰宅ラッシュも始っているし大きな

被害や事故が出なければ良いが・・・・・・・・・・。

オリンピックでは伊調(姉)、吉田両選手が決勝進出を決めた。

昨日の柔道女子78kg超級の塚田真希選手は惜しくも

銀メダルに終わったが、試合終了後のインタヴューでは

負けた悔しさで涙が溢れていた。そんな中でインタヴュワーは

塚田本人が一番悔しいはずだし関係者、応援者、我々観客?も

感じたはずなのに、そいつは悔しさを思い出させるようなことばかり

塚田選手に向けて言葉の暴力を浴びせていた。なんという奴。

僕は見ていて(聞いていて)非常に腹立たしかった。もし、僕が

彼女だったらそのインタヴュワーを背負い投げで息の根を

止めていたかもしれない。その後塚田選手は表彰式までには

落ち着きを取り戻したようで笑顔を見せていた。流石だ。

塚田選手、お疲れ様でした。そして、銀メダル獲得おめでとう。

さて、昨日の続きを少し。

自宅で少し休んでから八千代緑ヶ丘にあるトーホーシネマへ

出掛けた。シネコンに着いてロビーに入るとそれなりに遅い時間だが

平日にしてはかなりザワザワしていた。ここでもお盆の影響が。

2時間半近い長丁場だったが娯楽映画としてはまともだった。

前作「ビギニング」からクリスチャン・ベールがバットマン、

ブルース・ウエイン役に抜擢され好演している。僕的には

今までの中で一番しっくりする配役だ。今作は宿敵「ジョーカー」が

登場し、このジョーカー役を怪演している役者が良い。

(名前忘れた!確か今年亡くなったんじゃないかな?)

ストーリー等は書かないが★★★★じゃないか、娯楽映画としては。

まあ、最後は次回作は何時なんだ?と思わせる御約束な

エンディングだが。

明日は変則的な営業です。

コーヒータイムは休業で18時よりバータイムを営業させて頂きます。

宜しくお願いします。

2008年8月15日 (金)

rico 連休

こんにちは

お盆は如何お過ごしですか?

お休みの方も通常通りのスケジュールで仕事をされている方も

暑さに負けずに焼酎で乗り切りましょう。

久し振りの連休でしたのでグダグダにならぬよう気をつけたのですが

若干グダグダでした。

13日水曜日はNさんとNさんの叔父さん御夫妻と4人で

船橋のすし処「くろ田」にお邪魔し刺身を堪能してきました。

活きホタテの殻付き焼きはないだろうと思っていたら

ちゃんと出してくれました、流石くろさん。ありがとね。

叔父さん御夫妻も満足して頂けたかしらん。

翌日14日木曜日は思い描いた予定では上野で展覧会を

二つ見ようと考えていて、その二つとは「フェルメール展」と

「対決 巨匠たちの日本美術」。夕方に着いて二つとも

ゆっくり見られると満を持して上野に着いたら、お約束の

「嫌な予感がする」。そう、駅に向かってくる(展覧会を見終えた人たち)

人並みが多い。という事は混んでる?すると、入口には入場待ちの

人たちが列を作っているではないか!ギャボー!(久々ののだめギャグ)

なんと10分待ち。下手こいたーっ!これでは「フェルメール展」は

この時点で諦めるしかなかった。入館したらしたで平日だというのに

うじゃうじゃ人で溢れていて、余裕かましてゆっくりなど

観ては回れない。もう、頭を切り替えてさくさくと国宝級の

作品(国宝もあったろうに)を観た。一番良かったのは若沖(ちゅうの

漢字が出ない)鶏が凄い!その他にも沢山の名作があったのだが

残念ながらじっくり観れなかった。

展覧会は観覧する日を誤るとホント酷い目に会う。

確か毎月第3水曜日も老人の日で滅茶苦茶混む。

やはりお盆は何処へ行っても混む。これが定説だ。

観覧終えて地下鉄で帰路に着きこのまま映画を観るか

どうしようかと考えたが地元のすし屋「しゃり膳」の空席次第に

運を預けた。空いていればさくっと摘んで家に帰り、少し

休んで「ダークナイト」を観にいく事に決めた。

さて「しゃり膳」に着くと席は空いていたが僕担当?のSさんが

「予約でいっぱいなので1時間くらいでしたら」という事なので

今日の予定はこれで確定したわけだ。

あとは「ダークナイト(バットマン)」を観るだけだ。

今日は此処まで。長くなりすぎた。また、0さんにクレーム

つけられるからな。

業務連絡

熊本珍道中パート2の旅行代金、無事振り込みました。

皆さん、ご安心を。0ちゃん、宜しくね。

2008年8月12日 (火)

蔵の師魂

こんにちは

今週はお盆という事でricoの常連さんたちも帰省したり

家族サービスの旅行に出掛けたりとこの季節ならではの

動きがある。当ricoも以前お知らせさせて頂いた様に

明日、明後日(13、14日)はテロリスト1号も福島に里帰り。

孝行息子の「U」も昨晩の深夜バスで彼の故郷富山へと向かった。

無事に着いただろうか?お墓参りと故郷富山を充分に

満喫するが良い、「U」よ。と、あえて偉そうに言わせて貰う。

さて、昨日夕方に「鷲尾」とタイトルにある「蔵の師魂」が

届いた。「鷲尾」は年間7000本限定であるが故に、今年の分は

もう終売になったらしい。ricoには残り1本と25%位。

お好きな方はお早めに。

そして、ricoに新規導入となったのは「蔵の師魂」。

蔵元さんは創業1883年の小玉醸造さん。この蔵元さんは

本格焼酎業界において最初に貯蔵容器に樫樽を使用し

貯蔵焼酎製造という新たな技術を確立した蔵である。

この「蔵の師魂」は特別レアではないが探すと扱っている

酒販店は以外と少ないと思う。

香味は洗練された芋の甘みとシャープな後味、キレの良さ

そしてクセのない透明感のある綺麗な香味が特徴。

荒濾過、無濾過系を好む方には向かないと思う。

という事はFさんや先生向きではないか!

体操団体で日本は「銀」を獲得出来た。素晴らしい!

明日から2日間お休みを頂くので、グダグダにならぬよう

過ごさなければと思う。

木曜日はフェルメールだけでも見てこないと。

2008年8月11日 (月)

北島 金獲得

こんばんは

昨日は定休日で常連のKさん、M美さん、テロリスト1号、

そして僕の4人で「もっきり」さんで飲みました。

魚が美味しい店なので酒は日本酒がメインではあるが

焼酎も少し、泡盛は2種類ある。その後にKさん行きつけの

鮨屋「波奈」で〆る事に。「もっきり」さんで4杯。「波奈」でも

「宝山 白豊」を3杯ほど頂いたので若干残っている。

北京オリンピックもメダル獲得者が出始め徐々に盛り上がりを

見せる。昨日の柔道で内柴が日本勢としては今大会初めての

金メダルを日本に齎してくれた。と、喜んでいたら、なんと

あの北島康介選手が世界新で金メダルを獲得した。

正に驚異的な精神力。準決勝ではタイム的には2位で決勝進出。

胸中穏かでない事は誰からみても察せられた。

僕達、オリンピックのオの字も関係ない傍観者たちには

計り知れないほどの未知の世界にある精神状態で

あったろうに。その証が表現されたのが泳ぎ終わったあとの

インタヴューで見せた涙が全てを物語ったのだろう、多分。

ホント、凄いね。北島君、ありがとうね、そして、お疲れ様でした。

バトミントン・ダブルスでも世界ランク1位のペアを日本の末継・前田組が

破り金星を揚げ初戦を突破した。

日本選手団の健闘を祈る。

2008年8月 9日 (土)

北京オリンピック開会式

こんばんは

昨日、北京オリンピック開会式は皆さん、ご覧に

なっただろうか?ricoでは店内モニターにてずーっと

流していた。閑だったし。と思っていたら22時過ぎから

混み出しいつの間にか常連さんで満杯になっていた。

個人的には見ていたかったが、そんな余裕は吹っ飛んでしまった。

有難い事です。お陰様で旅行代金も集まり来週月曜日

オリオン・ツアーに振込み出来そうです。ね、0ちゃん。

未だ18時前だというのに常連さんでカウンターは埋まって

しまったので久々の強制終了にします。

開会式についてはまた月曜日にでも(遅いだろ!)

残念なのは柔道 平岡が初戦敗退してしまった事。

経験不足か?

選手の皆さん、頑張って下さい。一日一生。

最後に63年前の8月9日アメリカの残虐な行為で亡くなられた方に

謹んでご冥福をお祈りします。

それでは、また月曜日に。

2008年8月 8日 (金)

金峰櫻井 北京オリンピック

こんばんは

今日、いつもの東武線の電車に乗って柏駅のホームに

到着する時に降りるのを待ちながらホームを見ていたら

気になるTシャツを着た20代半ば位の男性に眼がいった。

彼が着ていたTシャツは鮮やかなグリーン地にJACKSON BROWNEの

イラストがプリントされていた。そう彼のファンなら誰でも判る

ファースト・アルバムのあのイラスト、あの顔だ。

Tシャツを着ているくらいだから彼も余程「JACKSON BROWNE」が

好きなんだと思わずにやっとしてしまった。僕も大好きだからな。

あの若さ?で頼もしい。音はCD、ipodなどで聴いているのかな?

やはり。今時の若い人だからな。もし、レコードで聴いていないのなら

僕が聴かせてあげたいね、彼に。そして、精進して欲しい「SSW道」に。

健闘を祈る!若者よ。

さて、焼酎「金峰 櫻井」だが、一度ちょっと試飲した時の印象と

昨日じっくりロックで飲んだ時の印象が全く違った?

こんなに甘かったっけ?という、お前はちゃんと試飲したのかと

責められるような恥ずかしい試飲だった。確かにストレートで飲むと

アルコールの辛さが強いが、ロックで飲むと芋の甘さが膨らみ

芋の甘さが好きな方にはマストな焼酎だ。

流石は櫻井酒造さん。いい仕事してます。

あと、凡そ2時間半で「北京オリンピック」の開会式が始る。

何事も無く無く無事に閉会式を迎える事が出来れば良いが。

無事を祈る!

ricoよりお知らせ

今月の定休日は少し変則です。

10日(日) 休業

13日(水)休業

14日(木)休業

17日(日)18時より営業

24日(日)休業

31日(日)18時より営業

宜しくお願い致します。

2008年8月 7日 (木)

業務連絡2

こんばんは

相変わらず猛暑の毎日ですが、皆さん熱中症等

掛かってはいないですよね?

昨日で読み終えた高倉健さんのエッセイ「旅の途中で」は

最近、よく来店して頂いているM美さんに差し上げた。

新たに読み始めたのは「沈黙のファイル 瀬島龍三とは何だったのか」

ご存知のように伊藤忠商事の元会長でありかつて大東亜戦時中には

超エリートとして旧陸軍参謀本部作戦科に所属していた。

僕が何故彼に興味を持ったかというと中曽根内閣時に

行政改革を強力に推進するという事で中曽根首相の

ブレーンとして元経団連会長土光敏夫氏(故人 字が間違っていたら

ごめんなさい)をリーダーに、そして土光さんをサポートする形で

瀬島さんが付かれたと記憶しているが、その記憶は危なっかしい。

土光さんについては「私の履歴書」を初め色々読んでいたので

イメージは出来上がっていた。そんな素晴らしい(僕のイメージ)

土光さんの補佐役に抜擢された「瀬島龍三」とは何者だと偉そうに

思い且つ興味が出てきたわけです。

偶々、この前ブックオフで文庫本を纏めて購入した中に

この「沈黙のファイル 瀬島龍三とは何だったのか」があり

遂に触手が伸びた訳です。

此処でこの本についてグダグダ書くつもりは無い!

紹介したい文などに出会ったら又書かせていただく。

コロッと変わるが、業務連絡です。

現在、判明している部分ですが

出発 羽田空港 JAL1801便 8:15発 9月21日

出発 熊本空港 JAL 1816便 18:55発 9月23日

ホテル 熊本交通センターホテル シングル(全員)

Nさんがもしかしたらヨーロッパ出張と被りそう、という事で

7人になるかも。

昨日は早速、M君と「ゴルゴU」が旅行代金を届けてくれた。

ご苦労様でした。

これからも業務連絡が多々出来すると思いますが、「熊本珍道中

パート2」に参加されるメンバーは楽酎ブログのチェック宜しくね。

2008年8月 6日 (水)

貴匠蔵入荷

こんばんは

今日、8月6日はご存知のように広島に原子爆弾が

落とされた日、アメリカの国際法を無視した残虐な

行為の日でもある。(決して右でも左でもないが)

高倉健さんのエッセイ集「旅の途中で」の後半に

比叡山の偉いお坊さんの言葉が紹介されていた。

非常に良い言葉なので僕も健さんに習って紹介させていただく。

「一日一生」。この言葉のように原爆だけででなく戦争で亡くなられた方も

こういう生き方をしたかっただろうに。謹んでご冥福をお祈りします。

さて、久し振りに新規導入の焼酎「貴匠蔵」をご紹介しましょう。

以前、0ちゃんが一度持ってきてくれたよね、確か。

この蔵元さんは本坊酒造さん。そう、あの「錫釜」の蔵元さんです。

明治5年(1872年)本坊松左衛門氏が創業。

「貴匠蔵」とは読んで字の如し。「匠の技は貴し」という事らしい。

味は優しい口当り、ふくよかな旨み。

黒麹、甕壷仕込み。正に杜氏の技。

2008年8月 5日 (火)

業務連絡 高倉健

こんばんは

千葉県の北西部、北東部に大雨注意報が発令されていた。

気温は若干低いが湿度が高く湿気が肌に纏わり付く。

先ずは業務連絡から。

「熊本珍道中パート2」参加メンバーに告ぐ。

本日、7人全員の予約を完了した。

ツアー代金は一人当たり34300円と前回より少し高めだが

時期的な事を考えればまあ安いほうだろう。

12日までに旅行代理店に代金を振り込まなくてはならないので

今週中までに是非持参されたし。

レンタカーは7人乗りで問い合わせたら3日間で43000円だった。

高くないか?最悪Sクラスを2台にして少し節約するか、

飲食代に廻したほうがいいよね。

ま、時間があるのでじっくり調べるけど。

参加メンバーも知恵があったら僕宛に連絡を、電話、メール、

口頭、電報?手段は何でもOK。

今回の旅の目的は第一に「U」の称号がどれだけ増えるか?と

新たに加わったメンバーの力が未知数なだけにどんな伝説を

僕達の記憶に残してくれるか?ここが大きなポイントで

「恒松酒造本店」への2度目の訪問、美味しい焼酎と肴の

探索は二の次になってしまっている。

こんな事でいいのか?いいんです!

今読んでいる本は高倉健さんの「旅の途中で」。

活字も大きく(年寄りに優しい)短編なのでスラスラ読めてしまう。

僕は電車に乗っている時間しか読んでいないので未だ半分くらいしか

進んでいないが、真剣に集中して読めば3時間もあれば充分に

読破出来るだろう。只、この本はじっくり言葉を噛締め胸に

沁み込ませながらページを捲るべき本だと思う。

前作の「あなたに褒められたくて」もよかったし、この

「旅の途中で」にもいい話が書かれているが、意外と

健さんの本音が吐露されていて健さんでもそんな事を

思うんだ!と自分が勝手に作った健さんの虚像と比べてしまう

事は健さんに大変失礼だなとも思う。「ギャラを上げて欲しい」

等あのイメージの健さんからは想像もつかない言葉だ。

もっとストイックかなとも思っていたが(勝手なもんだ)

泥臭い健さんがいて何故かホッとしている。

でも、凄く感受性の豊かな人なんだとも思う。

後何作映画に出演されるか判らないが、是非、出来る限り

沢山作って欲しいと願う。

千葉の片田舎の1ファンより。

2008年8月 2日 (土)

友、遠方より来る

こんばんは

「U」が奇妙な格好で15時頃現れた。

なんと紫色のツナギ姿。

昨日、夜遅く現れて彼の今日の予定を聞かされていたので

その奇妙な格好が意味する事がどういう事なのか僕には

理解できた。

彼の所属する会社のソフトボール大会だったのだ。

顔も日に焼けていて「ゴルゴU」の称号に恥じない?精悍な

顔立ちになっていた。

相模原に転勤したOさんが久し振りにricoを訪れてくれた。

髪の毛も所謂長髪になり顔も以前よりふっくらしたようだが

兎に角健康そうで何よりだ。

0さんご存知のM谷さん、Aちゃんが居たので旧交?を

暖めることができたかしらん、0さん。

称号王「U」辺りが来てくれれば0さんも喜ぶだろうにと

思っていればM谷さん、Aちゃんのお二人はお先に!という感じで

ricoを後にし、暫くすると期待に応えて「U」が例の如く音も無く

入ってきて0さんがカウンター奥に居るのにちょっとビックリ。

0さんも明日明後日はお休みらしく、今日は柏に落着く様子。

良いタイミングに現れた「U」に安心して0さんを任せて

帰宅した。

「U」の報告によると朝の4時まで0さんたちと久方ぶりの再会を

満喫したとの事。目出度し、目出度し。

「U」よ、ご苦労さん。

2008年8月 1日 (金)

発見!隠し玉

こんばんは

今、ricoの焼酎メニューを新たに作成するので

その準備でコーヒータイムを利用して原稿を作っているのだが

焼酎のコメントに四苦八苦している。

出来上がれば今までよりは格好よくなるが・・・・・・・・・

明日、締め切りなのでこのブログをアップしたら、また

取り組まなければならない。

焼酎コメントでデータを検索していたらとんでもないブツが

ヒットした。此処まで書けば賢明な常連さんは蔵元の名前が

直ぐ頭の中に浮かび上がるだろう。

そう、恒松酒造本店さんのブツで銘柄は「初代 伊三八」

「百太郎」PB、「相良の鬼ころし」PBの3銘柄である。

流石の「ハッカーU」も発見出来なかったか。

只、毎度のことの様にこの「初代 伊三八」は当然の如く

完売らしい。早速、今晩良孝さんにメールして教えて頂こう。

「百太郎」と「相良の鬼ころし」はある酒屋乃至は問屋の

ぷライヴェートブランドなので恒松さんのどの銘柄を

ベースにしたのかだけは確認したい。

散々「ハッカーU」が探し回って「煌々」を発見したのが

最後と思っていたが、やはり恒松酒造本店恐るべし。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック