無料ブログはココログ

« ノン・タイトル | トップページ | 熊本珍道中パート2出発前夜 »

2008年9月19日 (金)

秀水 モンドな世界はやっぱりアナログレコード

こんばんは

台風接近の影響で雨が降ったり止んだり。

我々の熊本珍道中パート2は悪運強く台風が通過した後に

羽田を飛び立つ予定。でもあくまでも予定だからなあ。

タイトルの「秀水」は勿論焼酎です。

出すタイミングが無くricoで少し寝かせた。

指宿酒造協業組合さんが蔵元である。

びっくりしたのは芋臭くない、味も滑らかでさらっとした感じ。

これほど芋の香りのしない芋焼酎は始めてだ。

当然、芋の甘さをしっかり楽しみたい方には物足りない事になる。

でも、芋のあの香りがどうもな、でも飲んでみたいんだよなと言う方には

ジグソーパズルの最後の1ピースが埋まった時のようにぴったしくる事

間違いない。ある面凄い芋焼酎だ。

年間5000本しか仕込めないこれまたレアな焼酎だ。

コーヒータイムはヤフオクで遊んでいるわけだが、

今日は普段覗く事の無いレコードのジャパニーズ・ポップスの

その他を見まくった。懐かしいアイテムやよく在ったなあや

なんてタイトル付けてんだ!と思う激ブツまで様々。

こういったジャンルはご存知「みうらじゅん」氏がカリスマとして

存在しているわけで彼が居るからではないが僕にとって

あまり興味の対象にはならなかったジャンルである。

でも「みうらじゅん」氏のような視点で楽曲のタイトルを

眺めていくと笑いネタには全く困らない。

一人突っ込みを入れながら見ていたらとんでもない超激ブツに

遭遇した。そのタイトルは「ラッパ・ホエ・ホエ」。

なんちゅうタイトルを付けたんだ!この「ラッパ・ホエ・ホエ」の

意味がわかる奴は居るのか?この狭い日本に。

また違った視点でアナログレコードのジャケット、特に

シングル盤を見ていけば定年後の人生は薔薇色になる事に

間違いなし。昭和30、40、50年代のC、D級クラスには

そんなお宝がざくざくだ。遅まきながら気づいて良かった。

でもコレクトはしないぞ!絶対に。

« ノン・タイトル | トップページ | 熊本珍道中パート2出発前夜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056785/23859664

この記事へのトラックバック一覧です: 秀水 モンドな世界はやっぱりアナログレコード:

« ノン・タイトル | トップページ | 熊本珍道中パート2出発前夜 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック