無料ブログはココログ

« 三笠フーズ某蔵元顛末記 まさるやツアー | トップページ | 三笠フーズ某蔵元顛末記パート2 嶺義 遂にお宝が届いた »

2008年9月11日 (木)

続 まさるやツアー かまきりの悲劇 ゴルゴU復活?

こんばんは

今日のブログのタイトルは凄いね、って他人事のように言うな。

我ながらこのタイトルは良いなあとツクヅク感心する。

「続 まさるやツアー」迄果たして辿り着けるだろうか?

それはricoへ出勤途中の東武線電車内の出来事だった。

電車が新柏駅に着きホーム側のドアが開き女子高校生3人組が

乗り込んできた。彼女達が急に騒ぎ始めた。何事かとその

カラスの群れのように五月蝿い女子高校生に視線を向けると

その足元に体調7~8センチ位の今回の主人公である「かまきり君」が

通路の真ん中でじっと動かないで女、子供を無言で威圧していた。

彼女達はひと時も休むことなくぎゃあ、ぎゃあと喚きながら「かまきり君」の

脇を通り過ぎて、自分達の納まるべき場所を確保した。

すると中年男性サラリーマンが僕の左手からつかつかと歩いてきて

その時車内で「かまきり君」を見るとはなしに見ていた人たち誰もが

思ったことだろう。「まさかかまきり君を踏まないよな」と。

次の瞬間不気味な音が車内に響き渡った「ぶきゅ!」。

中年男性サラリーマンは見事に「かまきり君」を彼の右足で

踏み潰してさっさと隣の車両へ消えて行った。

殺虫犯が消えた後がまた車内は大変だった。誰もが「まさか踏まないよな」

と思っていただけに「かまきり君」を見守っていた人たちが顔を

見合わせ「やっちまったなあ」と無言で確認しあっていた。

でもカラスのような女子高校生たちはそれだけで済まなかった!

無残な屍骸を車内に曝してしまった「かまきり君」を携帯のカメラで

取り始めたのだ。ぎゃあ、ぎゃあ言いながら。

カラスのような女子高校生に余程「かまきり君」の変わり果てた

その屍骸を掴んで顔にぶつけてやろうかと思ったが火に油を

注ぐ羽目になるのは明らかなので我慢して終わったのだ。

第二話

漸く「ハンターU」の嗅覚も復活したようだ。

昨夜、焼酎探索家0ちゃんが寄ってくれて「まさるやツアー」で

ゲットしたブツの試飲会を開いてくれた。そのブツは「池の露」。

蔵元さんは天草酒造さん。確か麦焼酎がメインの蔵元さん。

「池の露」はその天草酒造さんが26年振りに復刻させた「芋焼酎」で

僕は以前に飲んだ事があったがまた頂いた。丁度Aちゃんも居て

テロリスト1号を含む4人で美味しいね!ハンターUは来るかな?などと

わいわいやっていたら、来ましたよ。我々4人の期待に見事に

応えて。流石「ゴルゴU」。これで称号も元に戻り「ハンターU」と

しよう。そうこうしていると僕の帰宅時間になり皆より一足先に

ricoを出た。多分、その後は0ちゃんの独断場。

「ハンターU」は弄られ捲くったのだろう、0ちゃんに。

それをテロリスト1号とAちゃんの二人はゲラゲラ笑いながら

酒のツマミにしていたに違いない、きっと。

« 三笠フーズ某蔵元顛末記 まさるやツアー | トップページ | 三笠フーズ某蔵元顛末記パート2 嶺義 遂にお宝が届いた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056785/23667726

この記事へのトラックバック一覧です: 続 まさるやツアー かまきりの悲劇 ゴルゴU復活?:

« 三笠フーズ某蔵元顛末記 まさるやツアー | トップページ | 三笠フーズ某蔵元顛末記パート2 嶺義 遂にお宝が届いた »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック