無料ブログはココログ

« 錫釜 原酒 錫滴 | トップページ | 三岳酔ふよう あまんゆ やまかわ »

2008年11月18日 (火)

U 船橋競馬場 くろ田 あまんゆ(黒糖焼酎)

こんばんは

日、月とお休みを頂いていたので久し振りのアップです。

先週土曜日は珍しく「U」が壊れた。

スモール壊れはよくあることだが、KOされたのは初めて見た。

まあ、見てもしょうがない事だが。

日曜日は日曜日でKさん、テロリスト1号、僕と北千住で

飲み会を開催し、終電を逃しKさん宅に泊めて頂くという

情けない事になり僕の胃もお疲れ気味。(ウコンの力は

飲んでおいたが)北千住駅東口側にある「大漁一家」は

マグロ料理が売りでリーズナブルで美味しい。焼酎の品揃えは

一般的で焼酎好きには今一という感じ。珍しい肴は「磯しじみ」で

浜焼きのような感じで頂く。通常見慣れているしじみとは全く

別物で大きさが大粒のあさりという大きさ。酔っていたので

美味しかったことは憶えているが、細かい所まで記憶に無い!

こんな大きさのしじみは初めての体験だった。

スタッフも皆若く元気で気持ちが良い。取分け中でも

18才の「瞳」ちゃんが群を抜いて輝いていた。

Kさんの何時ものからかいに上手にしかもテンポ良く

返し何よりも明るく可愛いのが良い。日曜日だというのに

19時過ぎには満席となった。その後はまだ時間もあるという事で

西口の「あれ家これ家?」焼酎の品揃えは良い方だに行き

2杯ほど飲み最後は初体験ギャルのいるカラオケに、

そんな事をやったもんだから終電を逃したのだ!

あくる日の月曜日は「U」と船橋競馬場に行き最終レース後

「くろ田」で飲み食いするという事になっていた。

13時「南船橋駅」改札辺りで待ち合わせの予定だったが

昼帰りした僕は待ち合わせ時刻に間に合わないと思い

「U」に1時間遅らせて貰い14時という事に。

自宅に戻りシャワーを浴び着替えてちょっと落着いてから

ソファのクッションが温まる間も無く自宅を出て東葉高速に乗る。

約束の時間5分前に着きてっきり「U」も同じ電車と思いきや

競馬場方面からすっきりとした髪型で現れ本日の第一目的

船橋競馬場へ向い、競馬場初体験の僕は「U」に色々レクチャーを

受けながら入場券100円を自動販売機で購入し愈々場内へ。

平日だというのに如何にもギャンブラーというイメージの人達が

そちこちに屯し一儲けしようと真剣な顔で悩んでいる。

馬券は100円単位で購入出来るので1レース300円程注ぎ込み

レースをスタンドで観戦した。どうせ判らないのだから僕は

配当金の高い組み合わせを選び一攫千金を夢見る。

結果は当然無配当。貯金したのだ、1000円ばかり。

「U」も貯金をしてしまい、2人の妄想「くろ田」で豪遊は

泡と消えた。ま、当たり前か。船橋競馬場から30分ほど

歩いて「くろ田」に着く。開店17時より10分ほど早かったが

其処は勝手知ったる我が家の如く図々しくお邪魔する。

つい最近くろさんの奥さんのお父さんが他界されたので

簡単な挨拶を済ませ僕のブログ称号王の「U」を紹介し

あとは何時ものようにお任せで肴と握りを頂く。酒は例の如く

何を飲んだか憶えていない。くろさんのお奨めと確か「出羽桜」の

香りのいい奴、そして、有り難い事にお店から黒糖焼酎「あまんゆ」

の限定品27度を頂いた。店も空いていたので遂、我々2人の

ぺちゃくちゃ話しながら長居をしてしまい、握りを食べ終えた頃には

21時半を廻っていた。なんと5時間近くもお邪魔してしまった。

くろさん、申し訳ない!とお礼を言い「U」は東武線で、僕は

新京成バスで帰宅した。なんと二日連続で飲み食い歩いたわけだ。

でも、生きているうちだからな、旨い、拙いと言ってられるのは。

「U」は大丈夫だっただろうか?

« 錫釜 原酒 錫滴 | トップページ | 三岳酔ふよう あまんゆ やまかわ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056785/25450499

この記事へのトラックバック一覧です: U 船橋競馬場 くろ田 あまんゆ(黒糖焼酎):

« 錫釜 原酒 錫滴 | トップページ | 三岳酔ふよう あまんゆ やまかわ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック