無料ブログはココログ

« 再入荷 金の露   喜六限定酒 | トップページ | お帰り東ドイツ 酒の神無事に復活 »

2008年12月24日 (水)

内藤4度目の防衛 拒否できない日本

こんばんは

今日も寒い!

出掛ける時はしっかりと防寒を。

今日、柏に着いて西口にあるりそな銀行ATMでヤフオクで

落札した商品の振込み手続きをした。

出品者の入金指定がりそな銀行だった事とコストを少しでも

抑える為に利用した。

ヤフオク等ネットオークションを体験された方、及びINGの方は

ご存知の通り、入金の仕方、振り込み手数料、送料などは

落札者負担である。偶に出品者が送料負担及び送料込みの

出品形態もあるが。

せこい話だがりそな銀行の手数料は非常におかしい。

東京三菱UFJや三井住友、みずほ等大手銀行の同銀行支店間の

振込み手数料は無料乃至は105円などの納得出来る手数料であるが

りそな銀行はなんと3倍近い300円なのだ。

何故だ!りそな銀行よ。どうしてATMの振込み手数料が

他の大手銀行とそんなに違うのか説明して貰いたい。

国民は怒っているのだ!多寡が300円だが。

そんなにりそな銀行のATMは優秀なのか!

なんかキーを打っている内に納得いかない怒りが再度

込上げてきた。

怒り序に、もう一つ。

昨晩で司馬遼太郎氏の「菜の花の沖」の第2巻を読み終えた。

生憎第3巻以降は購入していなかったので、取り合えず

何を読もうかと積みあがっていた本の背文字を見ながら

物色していたら、気軽に読めそうな「書店繁盛記」を抜き出し

ぺらぺらと捲り「ま、これでいいか」と決めた。

電車に乗り座席に座り読み始めたら、まあ大変!鰌が出てきて

こんにちは!という感じで今更ながら自分の無知さ加減に

呆れてしまった。その本の中には(初っ端だが)アマゾン(南米ではない)が

販売拒否した「拒否できない日本人」の顛末が書かれていた。

「拒否できない日本人」によると先ごろ行われた政策「郵政民営化」,

諸々の規制緩和など多くの政策、法案がアメリカの要望によって

決められていると簡単ではあるが紹介されている。

ぎゃぼーっ!アメリカのいいなりとは漠然と認識してはいたが

其処まで具体的にアメリカの都合の良い様な政策を受け入れ

実行している日本に、戦後は未だ続いている、いや永久に

終わらないという事だ。ほんと、愕然とした。

早速、「拒否できない日本人」をゲットせねば。

酒のブログにこんなネタを書き込みたくないが・・・・・・・・・・

お許し願いたい。

最後は楽屋落ちだが軽いネタで締めくくろう。

昨晩、テロリスト1号の弟(現実の戸籍上の関係は全く無い!)

ボクシングの内藤チャンピョンの4度目の防衛が成功した。

チャレンジャーも気合の入った試合運びで好感が持てた。

テロリスト1号の弟も3回目の防衛戦とは打って変わり強かった。

相変わらず試合終了後のコメントは兄のテロリスト1号と

変わらずKZだったが。

テロリスト1号と内藤チャンピョンの繋がりが分からない方は

ricoにご来店下さい。一発で理解して頂ける思います。

画像を載せたいのですが個人情報保護の為、ご了承願います。

« 再入荷 金の露   喜六限定酒 | トップページ | お帰り東ドイツ 酒の神無事に復活 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056785/26457616

この記事へのトラックバック一覧です: 内藤4度目の防衛 拒否できない日本:

« 再入荷 金の露   喜六限定酒 | トップページ | お帰り東ドイツ 酒の神無事に復活 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック