無料ブログはココログ

« お帰り東ドイツ 酒の神無事に復活 | トップページ | 本日のイベント2件  »

2008年12月26日 (金)

ricoイベント ビートルズ掛け帯

こんばんは

めっちゃ寒いっすねー!

出勤途中、東武線の新鎌ヶ谷駅で柏行きの電車を

待っていたら、風に飛ばされた枯葉がかさかさと音を

立てて転がって行くのを見て、聞いていたら余計に

体感温度が下がる想いがした。

昼の開店準備も終わる頃ふと何気なく外を見たら

丁度、酒の神Aちゃんがちゃりんこに乗りながら手を振り

寒い中、時速凡そ60キロ位のスピードで通り過ぎていった。

(んなわけないだろ)

明日27日はrico創業以来(創業というほど経ってないだろ!)初の

音楽イベントを行う。

切っ掛けは「太陽と月」の名シェフ、イノさんの紹介で

ジャズ・ギタリスト齋藤浩康さんを紹介して頂いた。

モトモト、ライヴ好きなテロリスト1号がすんなり決めたのだ。

時間は1回目が19時~19時半迄

2回目は20時~20時半迄の短い時間ではある。

この時間はミュージックチャージ1000円が発生しますので

ご了承願います。(1ドリンク+ミックスナッツ付き)

音楽絡みでもう一ネタ。

ヤフオクは目の保養になる。

またまた出ました、激ブツ!

なんと日本デヴューアルバム「MEET THE BEATLES」の掛け帯盤だ!

日本では何時の頃からかアナログ・ジャケットに

襷を掛ける様に幅6~7センチ程の紙製の襷状の

そのレコードの紹介を完結にした宣伝ポップが付けられて

いた。今や海外のコレクターにはこの日本独自の「襷」が

レアアイテムとして垂涎の的となり高嶺の花となっているが

日本も同じだ。僕が高校生の頃は、あの「帯」を無造作に

取り去る事が格好良かったのだが、残念。

今となっては後の祭りである。

さて、その「帯」だが販売店が入荷してきてから掛ける帯が

最初で次はお馴染のレコードジャケットを縦にぐるりと

一回りし「帯」の裏を糊付けしたものが一般的になり

20年以上も続けられた日本独自の文化?である。

そして、僕も初めて見た「MEET THE  BEATLES」掛け帯は

なんと30万円から入札スタートだ。

今年は「ホワイト・アルバム」の超激レア・シリアルナンバー19番を

見る事が出来たし、この年の瀬にビートルズの掛け帯が

見れるとは全く思ってもみなかった。

来年も目の保養をさせてくれるかな、ヤフオクよ。

« お帰り東ドイツ 酒の神無事に復活 | トップページ | 本日のイベント2件  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056785/26520756

この記事へのトラックバック一覧です: ricoイベント ビートルズ掛け帯:

« お帰り東ドイツ 酒の神無事に復活 | トップページ | 本日のイベント2件  »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック