無料ブログはココログ

« 無題 | トップページ | ルーブル美術館展 »

2009年1月 9日 (金)

人生万事塞翁が馬

こんばんは

凍てつく雨が降っている夕方ですが、

どうやら雪は免れたか?未だ分からないが。

タイトルをご覧になって、何だ中国の古い諺かと

思った方も多いでしょう。処がどっこい違うんだな、これが。

正解は焼酎の銘柄で、しかも宮崎の赤芋仕込みの焼酎です。

蔵元さんは宮崎県串間市に在る「寿海酒造協業組合」さんで

1985年に其々100年以上の歴史を持つ蔵が宮崎県初の

協業組合として発足したのだ。

この蔵元?さんは「いも美」という銘柄が有名で芋、麦、米

焼酎を手広く仕込んでいる。

この「人生万事塞翁が馬」は芋焼酎で通常の黄金千貫ではなく

宮崎県串間市特産の食用甘藷赤芋を原料に黒麹で仕込んだ

恐らく、「吉田焼酎合名会社」のPBと思われる。

(すんません、確認は取っていません)

味は上品な芋の甘味が広がるがキレが良いすっきりとした味。

女性好みか?

因みに能書きを一つ。

「人生万事塞翁が馬」とは人生の吉凶禍福は転変が激しく

予測できないという意味で、その諺の由来から「へそ曲がり」

「天邪鬼」とも取られる。

その諺は考え方一つでどうにでも考えられるということで

結局、自分が生き易い様に考える事が大切だと

思うのだが・・・・・・・・・・・・。

今春にルーブル美術館がやって来る!と言っても

あの美術館がまんま遥々海を渡って来るわけではない。

(当たり前だろ、誰も思わんわい!)

今回は絵画の方で何時かは観たいと思っていたフェルメールの

「レースを編む少女」が展示されるのだ。

これだけで良いのだ!他のレンブラント、ロラン等も展示されるが

僕にとってはそんなの関係ねぇ!(もう死語だろ)

「レースを編む少女」だけで良いのだ。

詳しくは明日に続く

« 無題 | トップページ | ルーブル美術館展 »

焼酎 新規導入」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056785/26962649

この記事へのトラックバック一覧です: 人生万事塞翁が馬:

« 無題 | トップページ | ルーブル美術館展 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック