無料ブログはココログ

« じゃばら酒 花粉症に効くか? | トップページ | しまむらさき  高崎酒蔵 »

2009年2月25日 (水)

エリック・ゲイル  しまむらさき導入

こんにちは

夜勤明けのAちゃんがふらっとricoに寄ってくれたので

昨日伊勢五さんから届いた高崎酒蔵さんの「しまむらさき」を

口開けした、この蔵元さんの焼酎は今のところハズレ無しだ。

そう新馬場の焼酎立ち飲み「菜花」さんで確か2銘柄飲ませて頂いたのが

初体験だった。随分と遅い事よのお、お主にしては。

誠に面目無い!等と小芝居をやっている場合ではない。

その2銘柄は「島千両」と「しま茜」だった。

どちらも旨かった事だけは憶えているが、細かい香味までは

記憶に残っていない。何せ、飲み放題の時に体験したからな。

おっと、「しまむらさき」に話を戻そう。

そういうわけでこの「しまむらさき」も期待大でゲットした。

早速、2人で飲むことに。

良い意味で裏切られた!もっと原料の「しまむらさき」の香りが

フルーティに感じられるかと思ったがそうではなく、意外と

どっしりと芋の甘味が口に含んだ瞬間感じられる。(まだ、ごっくんは

していない)その後、喉越しが消えてなくなっていく。

これはお湯割りよりもオン・ザ・ロックスが良いか?と

Aちゃんはオン・ザ・ロックスで飲んだのだ。

近々に種子島に在るこの蔵元さん「高崎酒蔵」を調べて

報告させて頂こう。因みに創業は1903年との事だ。

という事は次回の珍道中は「宮崎⇒屋久島⇒種子島⇒奄美大島」で

どうだろう?このプランに賛成するのはM君位か。

「菜花」では着々とイベント用の激ブツが集合しているらしい。

ながれいし!ファンキーワタヌキ大師匠様。

柏軍団期待を胸いっぱいに膨らませて参戦いたします。

さて、タイトルの「エリック・ゲイル」とは誰だ?という問い合わせが

ありそうだな。

昨日、ヤフオクで落札したアナログレコード3枚が無事届いた。

そのうちの1枚がエリック・ゲイルの確かファースト・ソロ・アルバム

「フォアキャスト」だ。これも只のプレスではなく探すと以外に見つからない

「UK・オリジナル・プレス」だ。ジャケットもお約束のコーティング・ジャケット。

このエリック・ゲイルはギタリストでフュージョンというジャンルの

音楽が一世風靡してたころ引っ張りだこになったセッション・ギタリスト

だ。ジャズ・フュージョン界は勿論ソウル、ロック界でも暴れ回った。

何故、UKプレスに拘ったか?というと日本、アメリカプレス共に

音が良くなかったからだ。(こもってた)ならばUK プレスだろという図式が

僕の中で成立するのだ。

昨晩、聴きましたよ、勿論。

ビンゴ!やはりUKプレス。全然、日米プレスより音が良い。

体に来るぜ!音が!

またいい音出すんだ、エリックが。フルアコの指弾きで。

この音が聴きたくて探してたんだよ、UKプレスを。

今晩も聴いちゃおうっと。

« じゃばら酒 花粉症に効くか? | トップページ | しまむらさき  高崎酒蔵 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056785/28360405

この記事へのトラックバック一覧です: エリック・ゲイル  しまむらさき導入:

« じゃばら酒 花粉症に効くか? | トップページ | しまむらさき  高崎酒蔵 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック