無料ブログはココログ

« 続編 アメイジング酒屋の盛大なイベント | トップページ | 大海 蒼々とWBC »

2009年3月 7日 (土)

土曜日 優雅でグダグダな午後

こんにちは

本番はこれからだというのに、ヘロヘロの入口にいます。

というのも、Kさんご夫妻が14時半頃ricoのドアを開けてくれて

今に至っている。

つい今しがたNさんも参戦された。

NさんはNさん手造りのツマミを持ってきてくれた。

このツマミが旨い、鰹をキムチ風に仕立てた感じ。

K美さんはK美さんでテロリスト1号に先日、菜花ミステリー・イベントに

持って来てくれた「牡蠣のオイル漬け」の作り方を伝授してくれた。

酒は当然、狂喜乱舞の口開けを2種類ほど。

一つは泡盛で今月の特典激ブツ「米島初蒸留」アルコール度数は25度

この激ブツは「杜氏しか飲めない泡盛をそのまま出荷する事は

できないか」ということから生まれた企画のブツだ。

当然3人で楽しんだ。旨い!泡盛だ。コレは某酒店に行って

ゲットしなければ。(千駄木の伊勢五さんに未だあったな)

だが、1升瓶、4合瓶其々360本限定なので、既に完売かも。

そして、もう1本は五反田「内藤商店」の2代目(息子さん)

お奨めの「ひとり歩き」。これもまた宮崎県の芋だ。

T岳さんが口開けしてくれた。

「旨い!」と一言。早速、僕も試飲を。

確かに旨い!芋の甘味が後味として膨らむ。

恐るべし、宮崎の芋焼酎。

この「ひとり歩き」の蔵元さんは古澤醸造さんで明治25年5月に

日南市に創業。代表銘柄は「摩無志」「一壷春 いっこしゅん」

「八重桜」など。

この蔵元 古澤さんはファンキーワタヌキ大師匠が仰っていた

ように素晴らしい蔵元さんのようだ。

こりゃ、近いうちに「伊勢五」詣でだな。

もっと、探求せねば。

« 続編 アメイジング酒屋の盛大なイベント | トップページ | 大海 蒼々とWBC »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056785/28511911

この記事へのトラックバック一覧です: 土曜日 優雅でグダグダな午後:

« 続編 アメイジング酒屋の盛大なイベント | トップページ | 大海 蒼々とWBC »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック