無料ブログはココログ

« 麦焼酎 胡坐  北村山からの贈り物 | トップページ | 無題 »

2009年3月27日 (金)

じゃばら人体実験2

こんばんは

今週は気温が上がらない。

いやあ、凄い果実があるもんですね。

昨日から自分の体を使って人体実験を始めた。

何が?って。

今、話題の和歌山県北山村でしか収穫出来ない柑橘類である

「じゃばら」を商品化した「じゃばら果汁」「じゃばら飴」などを

使い僕の花粉症の症状がどれだけ緩和するのか?という

とても大掛かりなプロジェクトだ。(何が!)

岐阜大医学部の研究データによると数値的にも飲用前に

比べて統計学的に有意に低下し、改善を示した。とある。しかも

「じゃばら」は天然果汁なので副作用もない。

花粉症に効果があるだけでなくQOL(生活の質)改善にきわめて有効

であることが明らかになった。

能書きはその位にして・・・・・・・

昨日も人体実験第一日目の報告をさせて頂いたが、

「じゃばら飴」であれ程の即効性があるとは思ってもいなかった。

第二段階として「じゃばら果汁100%」がどれほど効くのか?

という僕にとってはこの部分が肝なのだ。

深夜食事を済ませ普段なら花粉症対策に薬(市販のもの)を

飲むのだが、それを飲まず代わりに「じゃばら果汁100%」を

10mlほどストレートで飲む。

酸っぱさがかなりくる、といってもシークワーサーのほうが

強烈だと思うが。でも後味として甘味もある。

薬を飲んでいても1~2度鼻水で起き処理する始末。

果たして「じゃばら果汁」と「薬」の対決は如何に?

結果は見事「じゃばら果汁」に軍配が上がった。

鼻のとおりが良い事と鼻水を処理する回数が格段に減少した。

1回起きたが鼻をかんだ回数は1度きり。

通常時は連続で3~4回かんでしまう。

こんなに即効性があるとは夢にも思わなかった。

果汁だから飲み続けてじんわり効いてくるのかな?と

思った。誰でもそう思うだろう。

こりゃあ、花粉症で毎年3ヶ月ほど憂鬱な時期を過ごさなくては

いけない人にとって朗報だ。

今日も「じゃばら飴」と「じゃばら果汁100%」だけで乗り切っている。

人体実験はまだまだ続くが、「じゃばら果汁100%」は生憎

容量が100mlなので5日でなくなる。

しかも、北山村では品切れ!

もっと早く気づけば良かった。

« 麦焼酎 胡坐  北村山からの贈り物 | トップページ | 無題 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056785/28833997

この記事へのトラックバック一覧です: じゃばら人体実験2:

« 麦焼酎 胡坐  北村山からの贈り物 | トップページ | 無題 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック