無料ブログはココログ

« 無 | トップページ | 時代小説 »

2009年5月22日 (金)

世代交代  狩生

P1010591a こんにちは

天気は少し下り坂のようですが、

現在、しっかり晴れている。

此処のところ日本酒を飲む機会が多い。

最近の日本酒は意外と?翌朝すっきりしていて、残らない。

一昔前は飲み過ぎると大変だったが。

その辺の事を先日千葉では酒屋の銘店として有名な「いまでや」さんの

セールスⅠさんに尋ねたら、しっかり造っているのも勿論だが

体に対する影響や環境への配慮など研究しながら造っている、と

話してくれた。なるほど。

そう言えば焼酎の蔵元さんもそうだが蔵元さんの経営者や杜氏さん達の

世代交代が最近進んでいるようだ。

焼酎では宮崎の古澤醸造さんがそうだし、先日蔵見学を

許して頂いた「大那」の菊の里酒蔵さんも若い専務さん、

今、話題の「而今」の蔵元さんの杜氏も若い。(雑誌で見る限り)

最近、日本酒を勉強し始めているがこういった若い世代が

先人の知恵を踏まえつつ今までにない発想と情熱で人の体、

環境に優しい、そして美味しい新しい酒を作り出して欲しいと

願う。

そして、今日ご紹介させて頂くのも新しい「麦焼酎」だ。

蔵元さんはぶんご銘醸さんで、明治43年10月大分県佐伯市に

狩生梅五郎氏が創業。平成13年に組織変更をし「ぶんご銘醸

株式会社」とした。

「香吟のささやき」「唐変木」等の銘柄で知られている。

肝心な焼酎は麦焼酎で銘柄を「狩生」(かりう)という。

オーガニック麦を使用し白麹、減圧蒸留で仕込んでいる。

その為か四合瓶にしてはちょい高目。

でもチョコレートクリームのような甘い香り、と柔らかく

米焼酎をちょっと思わせる不思議な味はやみつきになりそうだ。

« 無 | トップページ | 時代小説 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056785/29741870

この記事へのトラックバック一覧です: 世代交代  狩生:

« 無 | トップページ | 時代小説 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック