無料ブログはココログ

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

笹塚

こんにちは

只今、千葉県南部は台風の暴風域に入った。

これから6時から9時にかけて台風が千葉県に最も接近するらしい。

てことは、今日は暇だな、きっと。

さて、何して遊ぼうか?

そうだ、焼酎の試飲会を始めるか?

香味を忘れている銘柄あるからな、若しくは自前の日本酒を遣るのもいいな。

土曜日はしっかり、さぼりました。

すみません。

只、遊ぶ為にさぼった訳ではないことを弁解させて頂く。

というのは、「菜花」のご主人、ファンキーワタヌキ大師匠の案内で

笹塚にあるアメイジング酒屋さんに連れて行って頂いたのだ。

待ち合わせは新宿の宮崎物産館。

丁度、良かった。

宮崎物産館は未だ訪れた事が無かったので・・・・・・

1階は物産と軽食を食べる事の出来るスペース、2階は

焼酎と陶器などのお土産品が展示してある。

スタッフのおばちゃんは非常に気さくで宮崎を訪れる前は

彼女から生きた情報を仕入れたほうが良さそうだ。

焼酎の品揃えは申し訳ないが今一、松露、古澤、渡邊、宮田、落合、川越

黒木、などの蔵元さんの銘柄をきちんと品揃えして欲しいものだ。

物産館限定仕様とか、色々企画をしてほしいものだ。

そういう面では有楽町の熊本館も同じ。

物産館で個人的に(焼酎中心だが)まともと思ったのは

沖縄館と鹿児島館、この二つは文句無くお奨めできる。

二つとも有楽町駅から近いので未だ行かれていない方は明日にでも

行ってもらいたいくらいだ。

当然、土、日はめちゃこみを覚悟する事。

さて、その笹塚の酒屋さんだが駅から徒歩5分位の住宅街の一角に

ひっそりと店を開けていた。

スペースも凡そ20坪弱位と思われる。

焼酎、日本酒、ワイン、リキュールを扱っていて、一番感心したのは

店主が貯蔵免許を取得している為店内にステンレスと甕が一つづつあり

店オリジナルの秘蔵古酒を造っている最中であった。

甕の方は来年瓶詰めするらしい、非常に楽しみだ。

入口入ってすぐ右手に樫樽があり、麦焼酎を寝かせていて

量り売りをしていたので、買わせて頂いた。

焼酎の銘柄も限定品も含め決して侮れない品揃え。

「なかむら」も平気で10本位並んでいた。

「なかむら」はお客様からリクエストがあったので2本買わせて頂いた。

そして、このお店の一番の売りは6本購入すると、送料は無料という

大変太っ腹なサービス。

駐車場もないので、僕達のように遠方から来た者にとっては

とても有難い。帰りは手ぶらで帰れるのだ。

3人で行って、一人2本ずつ買えば、帰りは新宿や池袋など

遊んで帰れるということだ。

中身の入った1升瓶ほど重いものはない。

2本も持って帰ったら手のひらは蚯蚓腫れ間違いなし。

で、計8本買わせて頂いたブツが先程届いた。

ricoに未導入アイテムは7本になる(自家製はちみつ梅酒が1本)

詳細については明日、アップさせて頂く。

2009年8月28日 (金)

薩摩の薫り 純黒 甕壷仕込み

こんにちは

久し振りに夏らしい?天気。

陽が照ってくれないと困る、酒飲みとしては。

昨日は、さくっと宣伝をさせて頂いた。

初めての導入「薩摩の薫り 純黒  甕壷仕込み」は確かにそれ程珍しい

銘柄ではない。

蔵元さんは田村合名さん。

ricoでは「鷲尾」の蔵元さんと云った方が通り易い筈。

田村合名さんの銘柄は皆美味しいので、まだ、この純黒を飲んでいない方は

是非どうぞ。

って、簡単すぎるか!

でも、田村合名さんの蔵紹介は以前させて頂いているし、

美味しいのでこれ以上書き込みのしようがない。

まっ、しょうがないということでお許しを。

明日は、僕の師匠と酒屋巡りをしてきますので、もしかしたら

未導入の美味しいブツを発見出来るかも知れません。

但し、このブログにアップ出来る可能性は非常に少ないと思います。

8月も残すところあと3日。

既に秋の気配が忍び寄ってきてはいるが、日本酒の世界も

秋の世界に突入していく。

9月1日から10月の上旬にかけて、どんどん出してくる。

陸奥八仙や富久長は8月に出している。

気になるのが、初亀、益荒男、山形正宗、東洋美人、鳳凰美田、

墨廼江、明鏡止水、貴、大那等。

うーん、全部飲んでみたいが金が続かん。

そうだ、「もっきり」さんに確認して飲みに行けば良いのだ。

これにて、一件落着。

あとは、矢島酒店さんという手もあるな。

よしよし。

2009年8月27日 (木)

宣伝

こんにちは

昨日はブログをさぼってしまいすみませんでした。

言い訳としては、常連さんが早く(16時過ぎ)から見え

日本酒で盛り上がり書き込む時間がなかった、といったとこです。

今日は全て店からの営業案内です。

1・焼酎300円コーナー補充しました。

 「土魔 無濾過」芋焼酎 25度 鹿児島 岩川醸造さん

 「加賀の露」 米焼酎  25度 石川  菊姫合資会社さん

 「元老院」 芋、麦ブレンド焼酎 25度 鹿児島 白玉醸造さん

 「鬼倒」 米焼酎 35度 熊本 大石酒造場さん

 「一九道」 米焼酎 19度 熊本 豊永酒蔵さん

只今、17銘柄でご提供中です。

2・ユナイテッド・ネイションズ(ウイスキー)

 イチローズ・モルト社長の肥土伊知郎氏が日英修好通商条約150年を

 記念してボトリングしたイチローズ・モルト関連アイテム。

 世界で1000本限定、完売。

 シングル1000円でご提供。

3・日本酒

 「而今 純米吟醸 雄町火入れ」 三重県 木屋正酒蔵さん

 「加賀鳶 極寒純米 辛口」 石川県 福光屋さん

4・焼酎

 「薩摩の薫り 純黒 甕壷仕込み 限定品」 鹿児島県 田村合名さん

ざっと、こんな感じです。

これから、秋以降、日本酒が増えて行きそうで怖い。

コントロールしないと・・・・・・・・・・・

2009年8月25日 (火)

鯨波

こんにちは

日差しは強いが湿度も低くからっとして気持ちよい。

昨日は沢山の訃報を訊いてしまい少し凹み自宅で

追悼コンサートを催した。

というのも、訃報はミュージシャンなのだが。

で、追悼なので酒は?と思い、「ブッカーズ」を予定していたが

僕の不手際で止め、日本酒(昨日ちらっと紹介させて頂いた)「鯨波 おりがらみ生」に

変更した。どうでも良い事だが。

これがまた旨かったあ。

岐阜の蔵元さんなので千葉県で入手出来る店は我が地元の

「酒の利根川」さんだけ。

9月の初旬には限定で「特別仕立て秋囲み」純米吟醸生詰酒が発売に

なるので、これもゲットしなければ。

次回「炊屋」さんに行った時にゲットするか、その前に予約か。

因みにこの蔵元さんは杜氏一人で全て手造りにより醸している酒です。

非常に興味をそそられる蔵元さんだ。

蔵見学に行きたくなる。

2009年8月24日 (月)

日本酒と焼酎

こんにちは

夕方は涼しくなってきましたなあ。

昨日は地元のまぐろ料理専門「炊屋 かしきや」さんが

テレビ朝日「大人のソナタ」で紹介されるとご主人の斎藤さんから

訊いていたので、柏のブロガーSさんと一緒にお邪魔した。

相変わらず料理は美味しくお腹を膨らませて店を出た。

此処まで来て頂いたので、直側にある僕がお世話になっている酒屋

「酒の利根川」さんに寄り店主 利根川さんに紹介させて頂いた。

折角だから、また利根川さんにお奨めの日本酒を伺い

買わせて頂いた。

「鯨波」 あまり出回っていないらしい。

僕の好みは伝えてあるので、今回も大丈夫だろう。

今日の夜が楽しみだ。

さて、焼酎だが。

明治3年創業の岩川醸造さんの「土魔 無濾過」が入荷した。

この銘柄は初めてだ。

まだ、試飲もしていない。

この岩川醸造さんの有名な銘柄は「薩摩 邑」。

地元ではテレビCMも流してる大きな蔵元さんのようだ。

さて、どんな感じなのか?

無濾過が非常に気になる。

お湯割りが良さそうな予感。

2009年8月22日 (土)

日南娘

こんにちは

今日は19時より瀬戸郁寛(sax)さんによるjazzliveです。

なので、さくっといきたいと思います。

宮崎の焼酎で未導入だった宮田本店さんの「日南娘 ひなむすめ」を

常連のN島さんのお陰で入手することが出来ました。

これで、宮崎の主な芋焼酎は制覇?した感じ。

この「日南娘」の蔵元さんは「宮田本店」さん。

場所はなんと古澤醸造さんとは正にお隣さん。

4丁目と1丁目だから眼と鼻の先。

「宮田本店」さんの創業はなんと1804年。江戸時代だ。

創業当時は「酢」を作っていて、大正時代から「焼酎」を作り出した。

今回の導入は通常の「日南娘」と「日南娘 黒麹 限定品」の

2アイテム。

試飲セットを作ります。

其々、45mlの容量で600円。

レギュラーとして「日南娘」1杯450円。

「日南娘 黒麹 限定品」1杯450円。此方は60mlの容量となります。

宜しくお願いします。

2009年8月21日 (金)

地元の居酒屋

こんばんは

ボルトは化けモンだね、ありゃ。

200mも世界新の19秒19で金メダル。

まだ伸び盛りの歳(23歳?)の筈。

100mと200m、僕たちにまだまだ素晴らしい走りを見せてくれるだろう。

何度かこのブログに書き込んでいる僕の地元の居酒屋を

改めて紹介させて頂こう。

というのも、今度の日曜日23日テレビ朝日19時から20時の

番組内でまぐろ料理専門居酒屋「炊屋」さんが取り上げられるからだ。

HPもあるので是非ご覧なって欲しい。http://www.kasikiya.com/

もっとも、鮪に興味があればの話だが。

新京成線と東葉高速鉄道が交差する駅、北習志野駅または

同じ新京成線習志野駅が最寄駅。

どちらの駅から歩いても10分位の位置にある。

僕の自宅からはのんびり歩いて20分くらいなので、手頃な散歩になる。

開店は17時半、閉店は訊いていない。というのも、閉店まで

居た為しがない。

混んでいる時に入るのは嫌いなので、お邪魔する時は必ず

開店と同時位が殆ど。

この店を知ったのはricoの常連さんM島さん。

彼が長年通い詰めている店で連れて行って貰ったのだ。

それから、気に入ってちょこちょこお邪魔させて頂いている。

兎に角、「炊屋」さんの売りは鮪。

まぐろ土佐船に6年コック長として乗り込んだ経歴の持ち主。

(最初の1航海は違う)

荒波の上で鍛え上げた料理の腕が看板となっているのだ。

だから、店名も「炊屋」さん、なのだ、と僕は思う。

全てお奨めメニューなので色々食べて頂きたい。

先日、初めてらしき客から「マスター、お奨めは何?」と訊いていたが、

マスターは「たんきゃべ、たんなるキャベツ炒め」と言っていた。

確かに「たんきゃべ」は美味しい、まぐろの刺身も良い。

ヴォリュームがある「ゲソ天」や「鮪カツ」も良し、ときりが無い。

できれば、4人くらいで行きシェアしながらメニューを制覇するのも

楽しいと思う。

酒はマスターが選んだ日本酒と焼酎。そして、ビールやサワー。

日本酒のお奨めは「まぐろ土佐船」だな、僕としては。

「炊屋」さんのオリジナルだ。製造元は勿論土佐の蔵元さん。

本も2冊出されているので、興味のある方は是非読んで頂きたい。

「まぐろ土佐船」 「俺たちのマグロ」。

それでは、23日のテレビ放映見てください。若しくは録画を。

2009年8月20日 (木)

あすへの道しるべ

こんにちは

漸く夏らしい日差しが戻ってきた。

8月も余すところ11日。

夏はあったのか、と思うくらい夏が少なかった。

こんな時代だからか300円コーナーの焼酎が常連さんに好評で

どんどん消費されていく。

現在は13銘柄。

当初は20銘柄を越えていたのだが(当然、その間消費、導入を

繰り返していたが)

そこで自宅に保管してある焼酎を物色し持ってきた。

それがタイトルにある「あすへの道しるべ」。

蔵元さんは大海酒蔵協業組合さん。限定品。

さくっと、調べたがヒットしない(オフィシャルとして)

ある方のブログに「大海酒蔵」さんと「万膳酒蔵」さんのコラボと

書かれていた。

ほんとなのか?

まあ、それはいいとして。

芋はなんと綾紫芋使用、水は霧島の水(万膳さんか)

まだ、一度も飲んだ事の無い芋焼酎、ricoにも未導入。

甘みは紫芋系のあの甘みで喉奥でアルコールの辛さを

少し感じるが柔らかい口当りで普通に美味しい。

お湯割り、オン・ザ・ロックス、水割り、ストレートどれでも

楽しめるタイプだ。

大サービスのいきなり300円コーナー、登場。

2009年8月19日 (水)

艶粋

こんにちは

過ごし易い夏ですね、今年は。

さて、焼酎の新規導入も小休止といったところ。

なので、日本酒ネタで。

千葉県は鎌取にあるアメイジング・酒屋「いまでや」さんからの

イベントの知らせが届いた。

これから紹介させて頂くイベントは原則的に飲食店用なのだが

「昼の部」と「夜の部」があり、「昼の部」は日本酒の利き酒とセミナーがあり

「夜の部」は日本酒と食事を楽しむという2部構成になっている。

頂いたチラシにも個人の方大歓迎と書かれているので予約すれば

普通に参加出来るようだ。(夜の部だけのようだが)

先ず、参加蔵元さんが凄い。

チラシに掲載されている参加蔵元さんを数えたら37蔵もあった。

ざっと、銘柄で上げてみると、「田酒」「刈穂」「雅山流」「くどき上手」

「出羽桜」「山形正宗」「日高見」「伯楽星」「鳳凰美田」「大那」

「義侠」「不動」「菊姫」「東葉美人」などだ。

場所は京葉線海浜幕張駅目の前にある「ホテル グリーンタワー幕張」

4階の「ロイヤルクレッセント」.

只、普通の仕事をされている方には有休をとらない限り

参加は不可能な10月7日 水曜日。

昼の部は13時~17時 参加費2000円 定員450名

夜の部は19時~21時 参加費5000円 定員200名

ricoとしては当然「昼の部」に参加。

参加したい方は043-264-1200まで、問い合わせ並びに申し込みを。

ricoの常連さんは参加費を添えて、僕まで申し込んで下さい。

確か「まさるや」さんも明治記念館で開催するんだよな。

自分の好みに合ったイベントを選んだ方が良いですよ。

と、経験者は語る。

2009年8月18日 (火)

蔵の神 黒麹

こんにちは

今年は秋の訪れが早そうですね。

熱帯夜と呼ばれる寝苦しい夜を数えるほどしか経験していない。

冷夏でもなさそうだが、昨年と比べると涼しい夏と言えそうだ。

さてと、昨日新たに導入した焼酎を紹介させて頂こう。

「山元」という芋焼酎を以前導入し非常に美味しかったのを憶えている。

その「山元」の蔵元さんである「山元酒蔵」さんの芋焼酎「蔵の神 黒」。

山元酒蔵さんは鹿児島県川内市に大正元年10月に創業。

鹿児島にある蔵元さんだが、芋、麦、米、蕎麦の各焼酎。

他に地酒、リキュールと幅広く生産されている。

「山元」は特約店限定流通の為、HPに掲載させていない。

今回は「蔵の神 黒麹」。

「白」はちょっと前に新馬場の「菜花」さんで飲ませて頂き

美味しかったので、それならば「黒」もという訳で導入。

この「蔵の神 黒麹」はまさに家呑み系。

当地流にいえば、だれやみ系だ。

呑み飽きしない焼酎。

お湯割り、水割り、ロックどれでも楽しめる。

正に焼酎らしい焼酎ともいえる。

2009年8月17日 (月)

再開

こんにちは

今日から仕事復帰です。

4日間の短い休暇はあっという間に終り、自分自身のノリが今一。

先ずお知らせを。

「佐藤 黒」、漸く正価で仕入れることが出来たブツが

店頭に出せました。

と言う事は、1杯500円でご提供出来る事になりました。

大変お待たせいたしました。

今のうちに、飲んでおいて下さい。好きな方は。

もう一つはrico恒例のライブのご案内です。

今月、8月22日土曜日 19時スタート

瀬戸郁寛(sax)JAZZ LIVE 

ミュージック・チャージ 2000円 ワン・ドリンク付き

是非、観に来てください。

今日は、あっさり終了です。

2009年8月12日 (水)

こんばんは

最近の天気は夏としての盛り上がりにかける。

米は大丈夫なのか?等と余計?心配をしてしまう。

来年の日本酒の出来に大きく影響するだろうから。

今週はricoの常連さん達もお盆休暇の為

帰省したり、山へ行ったり、旅行へ入ったりと休暇を満喫されているようだ。

ricoも明日から3日間休みを頂きます。

なので、今日はこれで終了です。

良い休暇をbullettraincarrvcarshipairplanedash

2009年8月11日 (火)

薩摩七十七万石  黒さつま

こんにちは

今朝5時過ぎの地震で起こされた方も多いと思う。

僕はしっかり熟睡中。

全く感じ無かった事が怖い。

昨日、2銘柄導入した。

1本は以前に導入した事があるので憶えていらっしゃる常連さんも

多いに違いない。

「薩摩七十七万石」。あのさつま無双さんが蔵元で鹿児島限定流通銘柄。

もう1本は「黒 さつま」。蔵元さんはチョー有名な佐藤酒蔵さん。

人によっては「佐藤 黒」より旨いという感想もある。

はじめに芳ばしい香りとアルコールが一緒にきてその後に

芋の甘さが膨らむ。

多分この「黒 さつま」も「佐藤 黒」と同じように

仕込み水で前割りしてぬる燗で飲むとまた次元が違う世界が

広がり桃源郷へ誘ってくれるのだろうな、きっと。

お陰様で300円コーナーの消費が早くラインアップが貧弱に

なりつつある。

(天誅と蔵純粋を加えたが)

拙い!

丁度、明後日から4日間休みを貰えたので1日位は焼酎整理をして

300円コーナーの充実を図る為の準備をするか?

2009年8月10日 (月)

いろいろ

こんにちは

ここんとこ、蒸し暑い日が続きますね。

関東の南、殆ど千葉県ですが台風9号が近付いてます。

今晩から明日にかけて雨風に注意しないといけませんな。

先ず、rico8月の定休日をご案内します。

13、14、15日、23日の4日間です。

宜しくお願い致します。

ビール好きならこれから紹介するツマミは多分ご存知だろう。

「煎り麦芽」

あの「八海山」が作った、ミュンヘン麦芽を油で煎って、自然塩で味付け

したもの。カリカリの食感と芳ばしい香りがビールにとても合うらしい。

原材料は麦芽、大豆、塩、味噌、唐辛子、油。

先ず、試食してみます。

OKが出れば導入します。

販売価格は500円から600円位の予定。

って、導入するという事じゃん?

あっ、それとricoのイベントがまた決りました。

第二回目の「落語ライヴ」です。

開催日は9月27日 日曜日 15時スタートです。

木戸銭は2000円でワン・ドリンク付きです。

出演の噺家さんは「立川らく太」さんともう一方?の予定です。

宜しくお願いします。

2009年8月 7日 (金)

お詫び

こんばんは

早速ですが、お詫びを。

「第一回杜氏を囲む会」ですが、延期になります。

というのも、杜氏さんから佐久間酒店に連絡が入り

ricoにその知らせが届いた、と言うわけです。

杜氏さんの身辺で重大な事が起きた為という理由です。

上手くいけば一週間の延期で開催出来るかもしれないが、

今の状況だと何とも云えないらしい。

最悪、来年に延びるかもしれません。

お盆過ぎにはっきりするので申し訳ありませんがもう少し

お待ち下さい。

確認が取れ次第、このブログ並びにmixiの日記でお知らせさせて頂きます。

話はがらっと変えて

明日、8日土曜日は「アキコ・レイン」さんのライヴを開催します。

スタートは20時予定です。

チケット、若干ありますので時間がある方は是非お越し下さい。

今回は「ボサノヴァ・ナイト」です。

ミュージック・チャージはワン・ドリンク付き1500円です。

2009年8月 6日 (木)

松露 白

こんばんは

日差しはないが湿度は高く皮膚に纏わりつくのには

堪らない。

最近300円コーナーの焼酎の消費が早い。

嬉しいことではあるが。

昨日、「もぐら」を出したら一撃だった。

今のラインアップは「赤兎馬 紫芋」「山猿」「さつま大海」「天無双」

「青潮」「蘭」「白 さつま」「黒 伊佐錦」「喜界島」等が主なところ。

あと2~3本出せそうだ。

昨日「海からの贈り物 2008」が入荷。

早速試飲した。いい意味で裏切られた。

「海」「蒼々」系の香味を想定していたのだが・・・・・・・・・・

骨太な芋って感じ。口当りは円やか。後味で残るこの味は何だ。

麹と芋の甘みとは違った甘み、何だこれは。

麹は黄麹なんだよなあ。

是非、ご自分の味覚で解き明かして頂きたい。

もう1本、導入した。

すっかり忘れていた「松露 白」。

これは毎日家呑みでさくさく消費していくタイプだな。

これもお奨めです。

「松露 黒」「松露104号」と3種類あるが僕的には、

うーん、迷うな。

104か?いや黒も捨てがたい。白は飲んでいて疲れなさそうだし・・・・

やはり、3本ともストックするか!

2009年8月 5日 (水)

第一回 杜氏を囲む会

こんにちは

熱いが溶けるほどではない。

今日は「お知らせ」です。

rico主催 佐久間酒店協賛?で初の焼酎蔵元さんの杜氏を

お迎えして懇親会を開催させて頂きます。

以前から杜氏を迎えて直にお話を伺えないかと思っていたところ

ダメ元で取引先の佐久間酒店さん3代目?に何処か呼べない?と

いってみたところ、「じゃあ、富乃露さんに訊いてみましょうか?」と

話は進み、返事を待っていたらその翌日に「大丈夫ですよ」とあっさり

OKの連絡を頂いた。

そして、目出度く決定しました。

因みに富乃露酒蔵さんは宮崎県北部の東郷町に2004年に創業。

歴史的には非常に若い蔵元さんではあるが、杜氏は宮崎県内で

天才杜氏と呼ばれている方。

伝統の甕壷仕込みを手間隙を惜しまずに丁寧に醸している。

銘柄は「あくがれ」「東郷 大地の夢」「初留取り 日向あくがれ」

「日向あくがれ 原酒」「日向あくがれ むろか」「吉兆五穀 黒麹 黄麹」

が定番銘柄。此処に限定酒が加わる。

さて、肝心な開催日時だが

9月5日 土曜日 16:00~19:00

場所 rico

会費 1500円(富乃露酒蔵店さんの銘柄 飲み放題)

尚、この会費にはおつまみ代金は含まれていません。

チケット制ですのでお早めにゲットして下さい。

2009年8月 4日 (火)

海からの贈り物

こんにちは

3日間も休んですみませんでした。

そのうちの2日間は公休日で残りの1日はサボリでしたcoldsweats01

今日、いまでやの営業Bさんが寄ってくれて、色々情報を

落として頂いた。

先ず、6月の上旬にお世話になった「和楽の会 焼酎編」の

日本酒ヴァージョンが10月上旬に開催になる、とB氏からゲット。

場所は懐かしい海浜幕張駅側の「グリーンホテル」。

また、昼、夜の二部制で飲食店といまでやさんの一般客に

分けて開催とのこと。

B氏が言うには「夜の部も楽しいですよ」と誘われたが

果たしてどんなもんか?

蔵元の方の話を伺いながら、また拙い質問を投げかけながら

試飲するのは凄く勉強になる。時間が足りないくらいだ。

もう一つは最近発売になった鹿児島は大海酒蔵さんの

「海からの贈り物2008」と「くじらのボトル 黒麹仕込み」の2銘柄。

「海からの贈り物」は毎年出している恒例なブツ。が、今回は

原酒の他に加水して25度におとしたブツも発売。

芋は紅乙女、麹はなんと黄麹、米は国産米。と、なれば

そそられますなあ。即オーダー、明日入荷。

もう一つ「くじらのボトル黒麹仕込み」も今回初お目見え。

但し、残念ながらいまでやさんでは4合瓶しか入れてないということなので

何処かで探すか?

直にみつかるだろうから。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック