無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2009年11月 7日 (土)

感謝

こんばんは

イキナリでホント申し訳ありません。

短い間ですが、僕の拙い書き込みにお付き合い頂き

真にありがとうございました。

明日、8日 日曜日を持ちまして「rico」を出ます。

話せば長くなるので割愛しますが、本来ならば1年前には

ricoを出ていた筈なのですが、だらだらと延ばしてしまったのは

僕自身のせいです。

丁度、オーナーのH さんと僕の双方の事情が一致したものです。

決して、何が気に食わないとかの怨恨関係では全くありません。

僕も「独立」を目標にricoをお手伝いさせて頂き勉強もしてきて

タイミングが合ったという事です。

自分自身にプレッシャーをかけないと中々動かないタイプなので。

早い時期に物件が見つかれば良いのですが・・・・・・・・

長期戦になるかもです。

短い間ですが、ご愛読ありがとうございました。

また、何処かでお会いできれば、と思います。

因みにmixiは退会しませんので。

引き続き「rico」をお引き立てのほど宜しくお願い致します。

今日はオールナイトになりそうですcoldsweats01

2009年11月 4日 (水)

?

2009年10月30日 (金)

蔓無源氏26度

こんばんは

昨日、今日と不幸が発生し、お通夜、告別式と

無事終わった。

昨日はricoに戻ったのも遅くブログをアップするどころでは

なかった。

告別式もへヴィーでお骨を見ると色々考えさせられる。

そんなわけで、僕の気持ちも今一だが・・・・・・・・・

以前、国分酒蔵協業組合さんの限定品「蔓無源氏 原酒」を

紹介させて頂いた。

今年は既に「蔓無源氏 26度」(原酒に加水したもの)を

発売した。が、生産本数が極僅かな為10月分は即完売したようだ。

でも、そこは抜かりなく11月上旬に再入荷するとの情報を頂き

予約させて頂いた。

なので、目出度く皆さんにも飲んで頂けるわけです。

僕は先日、北千住にて酒屋組合?の試飲会で国分さんが

参加されていて、「蔓無源氏 26度」を飲ませて頂いた。

「生」「前割り温燗」の2種類を試させて頂き、期待を裏切らぬ

香味で美味しく頂いた。

まあ、原酒がめちゃ美味しいのでアルコール度数が下がっても

問題ないですね、なんて豪そうですが。

兎に角、楽しみにして下さい、という事です。

2009年10月20日 (火)

宮崎焼酎フェア

こんばんは

日、月とお休みを頂いていました。

mixiの日記では漸く蔵元さん巡りの三番目の「松露酒蔵」さんに突入。

今、ricoでは宮崎の焼酎が一挙に増えた。

300円コーナーにも少し導入した。

「純黒 かめ壷仕込み」「日南娘 限定黒麹」「岩の泉」

「杜の妖精」「こいじゃが」が300円コーナーに登場。

宮崎焼酎として導入したのは「赤鹿毛」「青鹿毛」「平蔵20度」

「あくがれ14度」「櫻乃峰 宮崎県内限定」「松露原酒(心水)」「むろか」。

総勢22銘柄。

どれも、お奨めの銘柄だ。

他にも、出番を待っている奴らがいるので、お客様の

暖かいご支援をお願いします。

宮崎に行って良かった、とつくづく思う。

焼酎造りにかけている情熱と風土が育んだ優しさとを

漠然としてはいるが感じられた。

奄美、熊本、宮崎と今回で4回目の蔵元さん巡りをさせて頂いたが

どの土地も移住したくなるような素晴らしい土地柄だ。

仕事があれば、直にでも飛んで行きたいくらいなのだが・・・・・・・・・・

明日からは、新規導入した銘柄の能書きをウダウダと

書き込んでみたい。

お付き合いの程、宜しくお願いします。

2009年10月17日 (土)

尾瀬編 2

こんばんは

昨日は書き込めなくてすんませんでした。

宮崎で購入した焼酎が大量に届いたので整理に終われてました。

なので、今、ricoの宮崎焼酎の品揃えは柏で№1だと自負します。

「宮崎の美味しい焼酎祭り」を開催中です。

さて、尾瀬の続きですが二日目。

珍しく前の日の夜は10時前には布団に潜り翌朝4時に起きて

「しぶつ山」に登る予定だったが起きた時には雨が降っていたので

再度寝る事に。

密かに「中止だ」と喜んだのは僕とNさんだった。

が、そんな喜びもつかの間8時に起きた時には雨は上がっていた、

僕たちの思いを完璧に破壊してくれた。

目指す山を見上げるととてもど素人が登れる山ではない。

山小屋の主人らしき人にいうと、大丈夫、皆登ってるから、と

簡単にノタマウ。

他人の気持ちも知らないで、このやろう。

登る距離は確かに700メートル位だが見上げたらとんでもない高さ。

観念して登ることにした。

バックアップはT岳さんがしてくれた。

ゆっくり登っていった。幸い森林があるため視界が遮られていて

僕にとってはとても助かる。

が、遂に森林限界点を越え木が無くなって風が強く体を痛めつける。

終いには雪は降るし、霙もくるしと頂上が近付くにつれ

気候状況は険しさをましてきた。

風も強く感覚的には風速15メートル、そんな感じ。

辛うじて頂上に着き少し休んでから下山した。

下山が地獄だった。

足場は悪いし、幅の狭い道?、しかも絶壁な感じ。

僕は山側だけを見るようにして恐怖の思いでなんとか降りた。

途中、険しい処はお尻で滑るようにして降りたので

パンツ(スポーツ用の?)が土で濡れ、乾いた時にきな粉を

大量に振りまいたよう。

死ぬ思いで下山した後は国民宿舎の温泉へ。

コレが日曜日のせいかめちゃ混み。

でも、体の汚れを落とし湯船に体を潜りこませた時は

至福だった。

が、あの恐怖の体験は一生忘れない。

今だから、笑って云えるが、ほんと洒落にならなかった。

2009年10月15日 (木)

再開 尾瀬編

こんばんは

一週間近くも休んですみませんでした。

昨夜、無事帰還することが出来ました。

自分でも思ったより疲れが無く以外でした。

ま、これからどっと現れてくると思うが・・・・・・・・・

それにしても、前半は地獄で後半は天国という両極端な事を

味わせて頂いた。

先週、金曜日仕事を終えNさん宅で仮眠、といっても

体を横たえるだけ。

睡眠時間1時間程で3時半頃柏を出発。

途中、参加メンバーのYさんとSさんをピックアップ。

尾瀬には何時ごろ着いたっけかな?

8時前だったと思うが・・・・・・

運転手はrico 常連のT岳さん、車も勿論彼の所有。

Nさん、T岳さん、Yさん、Sさん、そして僕の総勢5名。

ど素人はNさんと僕だけだ。

そのNさんは僕よりもかなり若いし、週何回もジムに行っているし

体力には自信がある。

一番悲惨なのは僕で高齢者であり、体力は0、登山経験も0、

しかも高所恐怖症の四重苦。

もう、昇り始めて5歩で息切れ。

すんげえ、きつさ。

こりゃ、絶対持たんぜ、と思いながら必死で付いて行った。

基本的に視界が遮られていたので恐怖を感じなかったが

1箇所だけ視界が開けて普通の人なら、正に絶景かな、と

感動する場所を通った。

これが僕にとっては最悪なルートで遠くにある絶景なんぞ

見ている余裕はまるで無く山側にへばり付く様にして

なんとか乗り切った。

足をすべらせたら二度と帰ってこれないそんな場所だ。

僕にとっては。

あとは湿原を通って降りて山小屋に辿り着いた。

紅葉も終り冬の準備が始った「尾瀬湿原」も悪くはなかった。

ロッヂに着きほっと一息をつく、が肉体はボロボロ。

普段使わない膝の内側が痛い。

ロッヂに泊まるのは初めてだ。

お風呂が付いているのは珍しい、らしい。

勿論、石鹸、シャンプーの類は使えないが。

部屋は広く10畳位だったか?

山に行った事のない僕には感心させられることばかり。

部屋で出したゴミも自分で持ち帰らなければいけない。

山愛好者にとっては極めて当たり前の事ではあるが、

登山に全く興味のない僕にとってはなるほどと肯くばかり。

どっと疲れた体を湯船に沈める事が出来たのは至福だった。

これで、あの恐怖も吹っ飛んだ、んなわけない!

夜は夜で食事をロッヂの食堂で取り、その後部屋で

T岳さんが持参した酒でおおいに飲み明かした、と思うだろうが

睡眠不足だし翌日も登るしでかなり僕は控えた。

そして、恐怖の幕は切って落とされたのだ。

続く

2009年10月 9日 (金)

試飲会パート2

こんばんは

昨日はさぼってしまいました。

すんません。

言い訳は幾らでもあります。

台風、試飲会等。

二日続けての試飲会でグロッキーです。

日本酒に続いて昨日は「焼酎」。

まあ、沢山の蔵元さんが参加され目ぼしい(僕好みのという意味)蔵元さんと

お話出来て非常に有難かった。

当分とは云っても14日までですが、このブログをお休みさせて頂きます。

その理由とは?

先ず、明日未明から「尾瀬」に行き人生初登山です。

ロッヂで一泊し帰宅。

翌日12日は早朝の飛行機で一路「宮崎」へ。

宮崎には9:10着予定。

当日は観光と飲み食い大会。

翌日、火曜日は蔵元さん巡り、3つの蔵元さんにお邪魔させて頂きます。

蔵の皆さん、よろしくお願いします。

で、夜は当然繁華街で連夜の飲み食い大会。

3日目の最終日は二つの蔵元さんにお邪魔させて頂く。

帰りの飛行機に間に合うように。

今回の帰りの便は早くした。

以前の二回はギリギリまで現地に居ようという思いで

帰宅したら24時近かったというへヴィーなスケジュール。

なので、16時10分宮崎発。

18時過ぎには各自羽田空港を出て家路を急ぐ。

皆、20時過ぎには自宅に着くだろう、何も無ければ。

こんな感じで14日迄続きますので、5日間程休載させて頂きます。

格好いい、なんか作家になったような気分。

また、長い宮崎エピソードがアップ出来ると良いのですが・・・・・・・・・・

そうだ、酒の話も少し。

「無瀬の浜亀」の人気が良い。

鹿児島はオガタマさんの芋焼酎。めちゃ旨い。

既に2本消化。

そして、復習で渡邊さんの銘柄を3種導入。

「萬年 白、 黒」「万年星」、どうぞご賞味あれ。

2009年10月 7日 (水)

試飲会

こんばんは

超大型台風が近付いていますが

そんな中、いまでやさんの「日本酒 試飲会」に行って来ました。

いやあ、相当飲ませて頂きました。

ブログに書き込める状態ではありません。

でも、アレだけの蔵元さんが一同に会し色々なお話を

聴けたのは誠に有難いことだ。

ましてや、若い女性が蔵に入り酒造りをやろうとしている姿に

涙が出るほど嬉しい気持ちにさせて頂いた。

やはり、作り手である蔵元さんのお話を訊けるのはほんとに

楽しいし有難い。

もう、散々試飲させていただいているので好き勝手な事を

云って蔵元さんたちにご迷惑をお掛けしてしまった。

そんな訳で、現在しこたま酔っています。

なので、限界の為終了です。

明日は明日で「焼酎の試飲会」です。

明日のブログも多分、相当怪しいです。

2009年10月 3日 (土)

ぐだぐだ3

こんばんは

申し訳ありません。

本日、いつものグダグダの為、書き込めません。

久し振りに御茶ノ水に行き、その後御徒町でショッピングと

餃子、炒飯、佐藤の黒を楽しみricoに戻る。

そんな具合です。

宜しくお願いします。

2009年10月 2日 (金)

美味しいお酒がいっぱい

こんばんは

どういうわけか、「永遠の嘘をついてくれ」(吉田拓郎with中島みゆき)の映像で

先程まで盛り上がっていた。

イノさん、Tさん、中島みゆき大好きのAちゃんと僕の4人で

youtubeの映像を見て盛り上がった、詩が良いよね等と。

待望の「無瀬の浜亀」は昨日入荷した。

この芋焼酎は是非飲んで頂きたい。

巷でプレミア焼酎として知られている銘柄は多数あるが

真のプレミア級?の芋焼酎は「無瀬の浜亀」だろう。

順不同だが、「而今 山田錦 純米吟醸」も今日入荷。

これも旨い!僕の好みのど真ん中。

「而今」はご存知のように定番酒を造っていない。

毎月、1本限定でリリースしている。

次は「八千代伝 黒」。

別段珍しい銘柄ではない、が恥ずかしながら昨日飲んだが

「白」よりも断然「黒」が僕の好みだ。

そして、「日南娘 白」。

以前、オン・ザ・ロックスで飲んだが僕好みではなかった。

しかし、今日前回飲んだイメージを踏まえてお湯割りで飲んだ。

どうだ!旨い。こりゃ、お湯割りで飲むべき芋焼酎だね。

どうも、オン・ザ・ロックスで飲んでしまう、悪い習慣だ。

これからの季節、やはり「お湯割り」が似合う。

もう1本、芋を導入。

中俣さんの「太平次」。

これも想定外の旨さ。

大変失礼な話だが全く期待していなかった。

が、氷でもお湯でも大丈夫だ。

より以前の記事一覧

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック