無料ブログはココログ

コミック

2008年11月25日 (火)

石川雅之 もやしもん    蘭

こんばんは

昨日は午後から雨が降っていたせいか久々に一日引きこもっていた。

雨が降らなければ「レッドクリフ」を観に行こうと思っていたのだが、

寒さのせいで止む無く断念。そのせいか、DVDで映画を3本も観て

しまった。(困ったやつだ!)

日曜日のブログで折角「U」を褒めたのにあいつはしっかり

やってくれた。あいも変わらずに。

幅広い活躍「U」よ、ありがとな。

事の顛末はこうだ。

先週の木曜日だったっけ?(金曜日かも)にK池さんご夫妻が

お見えになり小さな袋を持ってきて「これをUちゃんに渡して

欲しい」とお預かりした。ブツはコミック6、7冊程で背表紙には

「もやしもん」と書かれていた。僕には「何だ此れ?」という感じ

だったが、兎に角お預かりした。K美さんが言うには

「U」が読みたいから貸して欲しいとおねだりしたとの事。

そして事件が起きた当日、土曜日に「U」が現れたので僕は

K美さんからお預かりしているコミックを「U」に渡そうとしたら

あろう事か「U」は「そんなの頼んでませんよ!」と事も無げに

言うではないか!何度も「U」に確認したが答えは同じの「頼んでない」の

一点張り。「あれ、俺が聞き間違えたか?」と思い、夜遅い時間では

あったがK美さんにメールで確認をしたら、「U」で間違いない!との

返信。その「もやしもん」を貸す、借りるという話はどうやら0ちゃん宅で

酒盛りをした時に出たようで、「U」はしっかり酔っ払っていたとの

K美さんの証言が付け加えられていた。

「う~ん、Uめ、やってくれたな」という、またしても「称号王U」に

とっては誇り高き称号が一つ累積したのだった。

それは「白きり大魔王」なのだ。但し、此れには条件が一つ

付く。酔うと、という「U」に在りがちな条件だが・・・・・・・・・・

そんな事があったので「もやしもん」は今、僕の自宅にある。

「コーヒーもう一杯」もそうだったがK美さんの感性には

見習うべきものが在る。僕自身が絶対チョイスしないだろうと

思うアイテムだからだ、「もやしもん」も「コーヒーもう一杯」も。

この「もやしもん」の作家 石川雅之氏は「人斬り竜馬」も描いていて

僕的にはタイトルだけだと「人斬り竜馬」にそそられるけどな。

石川氏は農大出身なのだろうか?何せ主人公は「菌」が見えるという

特殊能力を持っているのだ。ストーリーはとある農大を舞台に展開

して行く。酒の話も出てくるので呑み助には良い勉強にもなる。

僕には珍しくじっくり読んでいる。

僕の次は0ちゃんだ。

「白きり大魔王 U」よ、ホントにいいんだな。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック