無料ブログはココログ

ricoの常連さん

2009年1月11日 (日)

そろそろ復活?!0ちゃん 酒神

こんばんは

先ずricoからの再度お知らせです。

割引券の発券は昨年12月31日を持って終了しました。

有効期限は今年の3月31日迄ですので早目にさくっと

ご利用下さい。

新サービスは「柏レイソル たっちゃん」というシステムを

使い只今検討中です。

という訳でricoご来店の際には会員登録を是非お願い致します。

今のところサービスは来店頻度に応じて秘蔵の焼酎を1杯サービスとか

なんか漠然とそんな感じなプレミアムを検討中です。

昨晩は今年に入ってから初めて常連のNさんと故郷帰りの

Uちゃんに会えた、というより寄ってくれた。

Nさんは何時ものように早目に来て食事仲間を募っていたが

全員シカト?で結局僕と「HIRAMA」へラーメンを食べに行く羽目に。

Nさんは年末にひいた風邪が漸く抜けて久々のアルコールが

堪えているようだ。他に0ちゃん、酒神もNさん宅での忘年会で

何処の誰かは知らないが持ち込んだウイルスによって汚染されて

未だに復活していないようだ?

「U」は無事帰還しお土産と自分で調理した鳥鍋を差し入れてくれた。

「U」が来てくれた時間は23時過ぎで(遅いやないかい!)残念ながら

昨晩食べられなかった。(Uは相変わらず寝だめをしていたのだ)

で、今日目出度く「U」特製?の鶏鍋を頂いた。

味噌仕立ての何の変哲も無い鍋だが普通に美味しかった。

「U」よ、ありがとね。

次回は太田牛のしゃぶしゃぶという事で宜しく。

2008年7月22日 (火)

U伝説未だ健在

こんにちは

22日は暦の上で一番暑いとされる「大暑」というらしいが

この暑さはまだまだ記録を更新するだろう。誰もが

今日の気温がこの夏のピークとは思っていないはず。

困ったもんだ。

20日日曜日は営業させて頂いたが、コーヒータイム終了少し前の

16時半位に僕と0ちゃん、Uちゃんと3人で千駄木にある非常に

有名な酒屋「伊勢伍本店」に行ってきた。

収穫は店の場所が判っただけ、という最悪のパターン。

日曜日はやっているだろうとこっちの勝手な思い込みで

勢い込んで行ったが坂を上りきった突き当たりにある

その店は暗くひっそりと佇んでいた。我々3人を拒むように。

諦め切れずにドアのガラスに額を付け店内の様子を

窺うと間口は狭いが奥行きのある店内に棚があり

ぎっしりと焼酎が鎮座していた。店内は暗く銘柄までは

見えず、唯一目が合ったのは黒木本店の「喜六」であった。

(喜六の喜がPCでは出てこない。七が三つ重なった字)

やはり出かける前は忘れずに!営業日の確認をする事。

これは鉄則だよな。

さて、手ぶらで千代田線下りの電車に乗って柏に向かうが

車内はかなり混雑していて松戸を過ぎて漸くゆったり出来た。

これからどうしようか?という訳で僕もBAR TIMEがあるので

さくっと飲める「親爺」へ行くことに決める。

相変わらず混んでいる柏駅のコンコースを抜けエスカレータで

1階に下りる。0ちゃんは僕の側にいて一緒に「親爺」に

向かっていたが、「Uちゃん」の姿が消えた。

僕と0ちゃんの脳裏にはあの「熊本珍道中」の事件が

甦る。そう「Uちゃん失踪!」。

しょうがないので「親爺」で飲み始めていると暫くしてから

音も無く現れた。即0ちゃんの突っ込みが入ったが不可解

極まりない。一体彼「U」は何処に行っていたのか?

我々2人がビールをジョッキ半分も飲んでいた時間。

エイリアンに拠る人体実験をされてしまったのか?

今となっては闇の中。

流石「U」、彼が動くと必ず事件が起こる。

まだまだ「U」の称号は健在であることがこれで証明された。

9月の熊本珍道中2は「嫌な予感がする。」

有名な酒屋「伊勢伍本店」

2008年7月 9日 (水)

一路U 落胆

こんばんは

過ごしやすい気候でいいっすよねえ。(DAIGO風)

最近は冷やかしたから言わなくなったが「一路U」も

「そっすねえ」は口癖だったな。必ず話し始める前に

DAIGOのように「そっすねえ」を入れていた。

その「一路U」だが今日、コーヒータイム中(16時頃)音も無く

僕の横に現れた。

あれっ、今日は水曜日だぞ。さては「バックレ」かとも一瞬

頭を過ぎるが意外と「一路U」は顔に似合わず真面目だからな。

で「どうしたの、珍しいね」と声を掛けると彼は大井までお馬さんを

見に行くとの事。でも、顔色が冴えない。更に問いかけると

今日のメイン・レースに「一路U」お気に入りの全身白毛の馬が

出走する予定だったが蕁麻疹が出た為出走取り消しとなったようだ。

落胆の原因はこれだったのだ、お馬さんに会えないと。

この全身白毛馬は非常に珍しいらしく、何が珍しいかと「一路U」が語るには全身白毛と言う事自体も

珍しいがそれに輪を掛けてレースに強いと言う馬は

「一路U」が生きている間にあるかないか、非常に希有の事

らしい。競馬に全く興味の無い僕はそんなにも馬が良いのかい!と

思いながらも少し教えて貰った。

レクチャーを受けているうちに「今度一緒に行こうか?」

となり、近場の船橋競馬場で開催する我々にとって都合の

良さそうな日を物色して貰うと8月28日(木)が見付った。

この日なら第4木曜日なので、僕の公休日を1週ずらせば

大丈夫だし、幸い「一路U」もこの時期なら有休は比較的

簡単に取れそうだということで「船橋競馬場」行きが

決定した。となると、アフター競馬は勿論すし処「くろ田」で

寛ぐという事になるな。

Uよ、当てるか二人で、100万馬券!

やったあ!豪遊だ。船橋で。

2008年6月25日 (水)

柏飲み巡り 終章 田倉

こんにちは

梅雨だというのにこの清清しい湿度の低い風は

なんとも心地よいですね。

ニュースでご存知と思いますが昨日ricoのある柏で

非常に残念で残酷な事件が起こってしまった、

一家4人撲殺、しかも4歳の女の子までも。

なんとも痛ましい。4人の方のご冥福を心よりお祈りします。

やはり人の心に悪魔は住み着いてしまうものかもしれない。

話題は明るくおバカな方に。

「座間味」を丁度良い気分で後にした我々5人は次の目的地

「ピラール」という柏神社側にあるスタンディング・バーに向かった。

案内人「一路U」の引率で「座間味」から5分位歩いたところにあり

未だ出来たばかりの新しい匂いを蒔きながら5人を気持ちよく

迎えてくれた。10人位飲めるスペースがあるカウンターに

早速偉そうに肘を付き若く濃いマスターに其々が注文する。

僕はカクテルがそれ程好きではないのでビールを頂く。

銘柄は忘れた、当然、他の4人が何を注文したかも憶えていない

というより気にしていない。

若く濃いマスターと取りとめも無い話をしていると誰かが

カウンターにひっそりと小振りなトレーに収まっている

シガーを見つけた。酔った勢いで値段を聞いてみると

「1本100円」と若く濃いマスターは言う。それならと

タバコを30年前に止めた僕は調子に乗って1本頂く。

ヴァニラ香のやつを。若く濃いマスターは「吹かすんですよ、

吸わないで」と教えてくれたので。気分はボギーで吹かしてみた。

口の中は少しニガニガしたが甘い香りが心地よい。

お調子者の僕は密かに「葉巻」を勉強してみるか?と

ちょっと野望(無謀)を抱いてみた。そうこうしてるうちに

0ちゃんがバッテリー切れで帰宅し、僕も時間を確認すると

もう10時半を過ぎていたので0ちゃんにならって僕も帰宅する事に。

ベタだが「へミングウエイ」の写真がボトルの間?に何箇所か

置かれている。オーナーが好きとのこと。

ま、ricoも人の事は言えないしね。

さくっと飲むにはいいお店かもしれない。

2時間、3時間居る所ではない、店に迷惑だしね。

柏でまだまだ行っていない飲食店が沢山あるので

このプチ珍道中はランダムに続いていくでしょう!

「ん~、嫌な予感がする」

この後残りの3人はカラオケで暴れまくったらしい。

「田倉」を紹介しておきます。

「ハ幡」の銘柄で有名な高良酒造さんが蔵元です。

「八幡」よりは入手しやすいのでこれも正価で見つけたら

即買いでお願いします。蔵元さんについては以前紹介

させて頂いたので此処では省略するが、この「田倉」も

美味しい。「八幡」よりも若干すっきりまろやかな感じか。

これも好みだからなあ。個人的にはどちらも棄て難い。

2008年6月24日 (火)

花田少年史とハッカーU 田倉 続編

こんにちは

16時だというのにまだまだ外は明るい

一昨日位のニュースで熊本県多良木町の土砂崩れによる

被害、大雨等が流れていた。熊本県多良木町と言えば

「恒友会」会員には所縁の深い地域。そう、恒松酒造本店さん

の蔵がある地域。但し蔵が存在するその場所は土砂災害とは

関係無く思える場所ではあるが念の為「五代目良孝さん」に

蔵が災害に合わなかったか?スタッフは全員無事か?等

心配なのでメールしたらリターンがあり「蔵もスタッフも大丈夫」

との事なのでこれで一安心。9月には「熊本珍道中パート2」を

計画中だからなあ。これでもし被災されていたら見学どころでは

なくなりボランティアで復旧作業をお手伝いするしかないからな。

「一路U」よ、宜しく。

それと「一路U」が発見した良孝さん仕込みの「こめの」を

飲んだと書いておいたら喜んでいたよ。ボトルはワインの

ボトルを洗って再利用したとの事。地球に優しい。だから、

「一路U]が持ってきてくれたボトルと異なる形のボトルが

存在するとの事。「一路U」よ、勿論挑戦するよね?異なる

形のボトル発見に!楽しみにしているよ。

さて昨日は「旭町スタンド」の事しか書けなかったので、その

続編を。

「旭町スタンド」で軽く喉を潤した我々でこぼこ5人組は本日のメイン

「座間味」へ向けて雨が降る中を線路を越えて5分程歩いて到着。

居酒屋にとって雨、日曜日、給料日前という3重苦を抱えての

営業はかなりしんどい。

傘を畳ながら店内に入るなり座間さんに人数を告げると

座敷に席をセットしてくれた。個人的にはカウンターが良いのだが

5人も陣取ってしまうと後から来店される一人、一人の客の

居場所が無くなってしまうからな。

早速、今日の泡盛は何にしようかなと思い巡らしていると

タイミングよくスタッフの女性が「今日のお奨めはコチラです」と

お奨めメニューが書かれた黒板を我々に見えるように抱えて

くれた。素早く酒の場所を見つけるとなんと其処には幻の銘酒

「萬膳700円」とあるではないか!速攻で「俺、萬膳」とスタッフ

の女性に叫ぶと一路Uと0ちゃんも右へ倣え。テロリスト1号と

Aちゃんは何を注文したか忘れた。久々に見た「萬膳」のせいで。

この「萬膳」は山小舎の蔵が蔵元さんで生産量が少なく美味しい為

当然ながらプレミア焼酎となる。仕込み水は超軟水を用い甕壷仕込み

木桶蒸留のせいか黒麹を用いているにも係らず、刺激性が少なく

まろやかで美味しい。座間さん、700円で提供とは太っ腹です。

僕的にはもう「萬膳」を飲ませて頂いたからもう後は野となれ

山となれと良い意味での自暴自棄。だって「座間味」さんの肴は

何を頼んでも美味しいから。

「萬膳」のあとは泡盛古酒を頼んだが銘柄は忘れた。確か5年物の

25度。なんか難しかったな読み方が、北で始っていた。

まっ、次回確認しよう。これも美味しかった。(憶えてるのか?)

飲んでる途中で座間さんが激ブツを2銘柄ほど嘗めさせてくれた。

一つは銘柄は知っていたハナタレ、もう一つはこれから発売になる

女性杜氏が仕込んだブツ。ハナタレはキンキンに冷凍庫で冷やして

いたせいかロックで充分美味しかった。ボトルは「カンゴシナ」を

飲まれたことのある人には直ぐに判る特徴のあるボトル。

女性杜氏が仕込んだブツはバターの香りが非常に強い。

なんでも原料には色んな物をぶち込んだとのことで、僕的には

御代りは決して頼まないブツになるな、きっと。

座間さん、ありがとうございます。

程よく飲んで食べたので本日最後の店に向かう。

まだ、雨は降り続けている。

2008年6月23日 (月)

花田少年史とハッカーU 田倉

 こんばんは

以前のブログが停止状態なので読者より有難い心配の

メールや態々店に寄って頂き「どうなってるの?」「死んじゃった?」

等心ある?言葉を掛けて頂き誠にありがとうございました。

僕はいたって元気なのですが・・・・・・・・・・・・・。

近々にricoのホームページからこの新しいブログを読んで

頂けるように致します。

通り名を沢山持つ「ハッカーU」が髪の毛を最近切った。

その頭を見た僕は思わず「花田少年史だ!」「一路だ!」と

叫んでしまった。

以前「熊本珍道中 エピソード」で彼の素顔を世界中に

曝してしまったが、今回の髪型がホント、ピッタリ「一路」に

重なる。「花田少年史」を読んだ方は僕の表現が間違っていない事に

きっと納得して頂けるだろう、彼を見たら。

その「一路U」とテロリスト1号、0ちゃん、Aちゃんの5人で昨日の

定休日を利用して「柏 飲み巡り」を開催した。

僕と0ちゃんだけが未だ行った事のなかった有名店「旭町スタンド」から

「柏 飲み巡り」をスタートさせた。

柏駅西口からあさひ通りを6号に向かってほんの3分位歩くと

道路左側にこじんまりと入口を開けている。

この「旭町スタンド」には可愛い看板娘?がいて彼女を目当てに来る

呑み助、スケベ親父を右から左へ軽やかに受け流している。

「旭町スタンド」は読んだまんまの立ち飲み屋で「魚」が美味しいと

評判の店だ。看板娘のなっちゃんはなんとフランスに

料理留学をしたことがある明るくちゃきちゃきした可愛い娘。

立ち飲み出来るスペースは一坪位。17時に待ち合わせで

店内に入ると日曜日の雨降りという日なのに、既に

カウンターには常連と思しき男性3人が陽気に呑んでいる。

スタッフは厨房になっちゃんとホールにがちゃぴんのTシャツを着た

女性の二人。店長のアライさんは不在だった。

早速、評判の刺身3点盛り合わせと高知の純米酒(銘柄

なんだったかな)で「旭町スタンド」を初体験。

刺身3点盛り合わせはまぐろ赤身、イカ、甘エビ。イカは新鮮で

歯ごたえと甘味が旨く甘エビも身は大きくプリプリでエビの

甘さが口の中で蕩ける。赤身もまぐろの旨さが心地よい(どういう

事だ!)やはり、刺身には日本酒が合う。高知の純米酒も

切れの良いふくよかな味。他に頼みたいメニューもあったが

お後に「座間味」さん他が控えていたので次回の為に、

今回は先ずは小手調べとしておく。

2008年6月18日 (水)

船橋 すし処 くろ田

こんにちは

新しいブログを立ち上げて2日目。

2週間近く記事が更新出来なかったので読者より

沢山のご心配を頂きありがとうございました。

しっかり生きてます。

この間、世間も僕の身の回りでも色々な事があり

記事にしたい事が沢山あったのだが、寄る年波には勝てず

記憶の中には其々の断片しか残っていないのがなんとも

悲しい。

この重い扉を開けふと思い出した時にでもアップします。

でも鮮度は著しく悪いはず。

では、最新ネタから始めよう。

昨日、久し振りに「くろ田」に行ってきた、ヨーロッパの

出張から帰ったばかりのNさんと一緒に。

いつものように若いご主人 くろさんに献立はお任せで

我々二人は酒をチョイスするだけ。

今回はNさんが「香露 大吟醸」を持参するとくろさんには

伝えておいたので、出された肴には気合が入っているのを

感じた。鯛の兜煮、今が旬の生とり貝、白いかのゲソを

梅肉と大葉の刻んで合えた味噌で頂く、Nさんが大好きな

穴子の白焼き、握りも赤貝のりっぱなものを入れてくれたりと

貝好きな僕には大満足。Nさんはどうだったかしらん。

久々の日本の鮨を満喫いて頂けたでしょうか?

日本酒は香露 大吟醸しか憶えてなく、焼酎は八木酒造さんの

春限定の「黄色い椿」を未だ飲んでいなかったので頂く。

ロックで飲むが氷が段々こなれてくると良い味になり、

すっきり系の焼酎が好きな方にはお奨め出来るという事は

どっしり芳醇なタイプが好みの方にはお奨め出来ないという訳。

この蔵元さんには秋限定の「熟柿」もあり、人によっては「熟柿」の

ほうが旨いという人もいるようで。僕も自宅にあるが残念ながら

未だに飲んでいない。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック